このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Et moi j'te dis qu'elle t'a fait de l'œil

Et moi j'te dis qu'elle t'a fait de l'œil

A 長編映画 by Maurice Gleize

Produced by Mondia Films

Release in France : 20/12/1950

    あらすじ

    André Courvalin, a merry bachelor, considers marrying, but not his exuberant mistress Aurélie. He would much rather wed sweet Suzanne. Trouble is that Suzanne is already engaged to Yves, one of his friends. But every problem has its solution. Accordingly, André finalizes a cynical stratagem. He sends Yves to negotiate his own breakup with Aurélie while he warns Aurélie's husband about Yves' presence by her side.All goes according to plan : Yves is mistakenly taken for Aurélie's husband...

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Mondia Films

    フランス国内配給 :

    Pathé Consortium Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Editions René Château

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Jacques Dampierre, Albert-Pierre Barrière

    原作者 :

    Maurice Hennequin

    録音技師 :

    Tony Leenhardt

    Editor :

    Renée Guérin

    装飾 :

    Jacques Krauss

    スチールマン :

    Robert Joffres

    監督補佐 :

    Jean-Paul Sassy

    フォトディレクター :

    Paul Cotteret

    製作部長 :

    Marcel Bryau

    スクリプト :

    Paulette Lirand

    作曲家 :

    Georges Derveaux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1950

    フランス公開 :

    20/12/1950

    上映時間 :

    1 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    10413

    ビザ発行日 :

    11/09/1950

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル