このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
男と女II

男と女II

A 長編映画 by Claude Lelouch

Produced by Les Films 13

Release in France : 13/05/1986

    あらすじ

    20年前、スプリクト・ガールだったアン(アヌーク・エーメ)は、今やフランスを代表する女性プロデューサーとなっていた。娘のフランソワーズ(エ ヴリーヌ・ブイックス)も大人になり、女優として活躍、母とコンビを組んで助け合って暮らしていた。アンが新作のことで悩んでいる時、フランソワーズは劇 場でジャン=ルイ(ジャン・ルイ・トランティニャン)を見かけたと、彼女に話す。20年前にモンテ・カルロ・ラリーを制覇したジャン=ルイは、今ではレー シング・チームの総監督も務める現役のレーサーだった。20年前の彼との愛の思い出が脳裡に甦ったアンは、二人の愛の日々を映画化することを決意し、ジャ ン=ルイに電話をする。そして二人は、思い出のカフェで20年ぶりに再会した。かつての二人の姿を映画化したいという申し出に反対するジャン=ルイだった が、アンの真剣な説得に彼は渋々ながら承諾する。そして映画の撮影開始。スケジュールどおりに撮影が快調に進むように、アンとジャン=ルイの仲も深くなり つつある。だが彼には若いフィアンセがいた。嫉妬するアンに送り出されるかのように、ジャン=ルイは撮影現場からパリ・ダカール・ラリーの会場へと向かっ た。ダカールの砂漠を走るジャン=ルイの車の中で、若いフィアンセは泣きじゃくり、彼を困らせた。帰りたいという彼女を近くの町まで送り届けるため、ジャ ン=ルイは危険を承知で、夜の砂漠を走り続けた。パリの撮影現場では、クライマックス・シーンが撮られようとしていた。そこへ愛の言葉が綴られたジャン= ルイからの手紙が、アンに届く。彼女は胸をはずませながら、ジャン=ルイが帰ってくるのを待ち続けた。そんなある日、ジャン=ルイが砂漠で遭難したという ニュースがテレビで報じられた。アンは、すぐにでも砂漠へ駆けつけていきたかったが、仕事を投げ出す訳にはいかなかった。数日後、ジャン=ルイの消息がつ かめぬまま、捜索は打ち切られようとしていた。不安と焦燥の中で、アンは地元の警察に、あと一日だけでも捜索を延ばしてほしいと、必死に懇願するのだっ た……。ジャン=ルイのヴェテランぶりでやがて二人は無事にレースをのり切る。そのころ、映画も完成した。興行的には失敗に終り、アンはガックリと気を落 とす。そんな彼女を励ましたのが、戻ってきたジャン=ルイだった。二人は寄り添い、また映画を撮ろうと約束を交わすのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (31)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films 13

    Film exports/foreign sales :

    Warner Bros. (France)

    共同製作 :

    Sofica cinergie

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    Claude Lelouch

    プロデューサー :

    Claude Lelouch

    フォトディレクター :

    Jean-Yves Le Mener

    音声アシスタント :

    Dominique Duchatelle

    Production manager :

    Tania Zazulinsky

    編集担当 :

    Hugues Darmois

    Assistant editor :

    Sandrine Péry

    Production Designers :

    Tony Egry, Jacques Bufnoir

    Foley artists :

    Jean-Pierre Lelong, Mario Melchiori

    キャスティング :

    Arlette Gordon

    スチールマン :

    Jean-Pierre Fizet

    Assistant directors :

    Didier Grousset, Jean Sentis

    Screenwriters :

    Claude Lelouch, Pierre Uytterhoeven, Monique Lange, Jérôme Tonnerre

    録音技師 :

    Harald Maury

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Marc Bringuier, Alain Ducousset, Berto, Philippe Ros

    報道担当(映画) :

    Arlette Gordon

    Sound editor :

    Annick Baly

    Continuity supervisors :

    Éric Dumage, Florence Moncorgé-Gabin

    作曲家 :

    Francis Lai

    Stunt performers :

    Jean-Claude Lagniez, Rémy Julienne

    Costume designer :

    Mic Cheminal

    演出助手 :

    Tarek Zietara

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ロマンス

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    13/05/1986

    上映時間 :

    1 時間 58 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    57744

    ビザ発行日 :

    02/06/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.77

    Audio format :

    ドルビーステレオ

    禁止 :

    なし

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション