このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
A Friend Will Come Tonight

A Friend Will Come Tonight

A 長編映画 by Raymond Bernard

Produced by Francinex, Compagnie Générale Cinématographique (CGC), Les Productions Jacques Roitfeld

Release in France : 10/04/1946

    あらすじ

    Returning to films after a six-year absence, French director Raymond Bernard called the shots on Un Ami Viendra Ce Soir (A Friend Will Come Tonight). Michel Simon heads the cast of this pulse-pounding WWII resistance film, set surprisingly in an insane asylum. In truth, the establishment is but a front for anti-Nazi underground activities; after all, who would suspect a group of lunatics?

    俳優 (25)

    映画製作・配給会社 (3)

    クレジットタイトル詳細 (14)

    監督補佐 :

    Guy Lefranc

    Dialogue Writers :

    Jacques Companeez, Raymond Bernard

    シナリオライター :

    Jacques Companeez

    録音技師 :

    Lucien Legrand

    製作部長 :

    Constantin Geftman

    スクリプト :

    Lefèvre-Pecqueux

    スチールマン :

    Roger Corbeau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1946

    フランス公開 :

    10/04/1946

    上映時間 :

    2 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    684

    ビザ発行日 :

    01/02/1946

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル