このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Une gueule en or

Une gueule en or

A 長編映画 by Pière Colombier

Produced by Société des Films Véga

Release in France : 16/06/1936

    あらすじ

    The Marquis de Barfleur, an unattractive man, decides to resort to plastic surgery to ensure the fidelity of Colette, his young mistress. Now endowed with a face to die for, he is about to achieve his goal. But the Marchioness de Barfleur, the Marquis' loving wife, does not hear it that way. She has her revenge claiming everywhere that her husband is... dead! An assertion people believe since they do not recognize the Marquis! When her vengeance has lasted long enough, she forgives the Marquis and husband and wife fall into each other's arms.

    俳優 (25)

    映画製作・配給会社 (2)

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Jacques Schwob-d'Héricourt, Antoine de Rouvre

    フォトディレクター :

    Robert Lefebvre

    撮影技師アシスタント :

    Leon Bellet

    製作部長 :

    Jean Erard

    作曲家 :

    Marcel Lattes

    シナリオライター :

    Yves Mirande

    録音技師 :

    Robert Teisseire

    撮影技師 :

    René Ribault

    編集担当 :

    Jean Pouzet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1936

    フランス公開 :

    16/06/1936

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    1178

    ビザ発行日 :

    30/09/1940

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル