このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
J'aimerais qu'il reste quelque chose

J'aimerais qu'il reste quelque chose

A 長編映画 by Ludovic Cantais

Produced by Maje Productions, La Luna Productions

Release in France : 13/11/2019

    あらすじ

    Each week, a team of volunteers at the Mémorial de la Shoah in Paris gather accounts from, and personal archives of concentration camp prisoners and their families. J'aimerais qu'il reste quelque chose encounters those who recount and give, as well as those who listen and receive. Through interviews and stories told, the indelibile presence of absent people is asserted.

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    La Luna Diffusion

    About

    Festival selections

    • 2018 - Festival Cinéma d'Alès itinérances, Alès (France)
    • 2018 - À Nous de Voir, Oullins (France)
    • 2017 - Traces de Vies, Clermont-Ferrand (France)

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Directors of Photography :

    Florence Levasseur, Pierre Hémon

    報道担当(映画) :

    Rachel Bouillon

    音声編集担当 :

    Thomas Robert

    サウンド・ミキサー :

    Léon Rousseau

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2018

    フランス公開 :

    13/11/2019

    上映時間 :

    1 時間 19 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    150.242

    CNC助成 :

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    画面セット :

    16/9

    Audio format :

    ドルビーSR