このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
La Demoiselle et son revenant

La Demoiselle et son revenant

A 長編映画 by Marc Allégret

Produced by Union Générale Cinématographique (UGC)

Release in France : 03/09/1952

    あらすじ

    Rosette is young and charming but she is crippled so she cannot make the most of her life. Which upsets Jules Petitpas, a single inventor, her eccentric but kind-hearted neighbor. Jules pledges to help her by creating a potion that will cure her. Unfortunately he dies before being able to achieve his aim. But a promise is a promise, and the good man comes back to the land of the living as an ... ectoplasm! And he manages to involve a whole tribe of ghosts to assist him in the noble task of saving the young lady. All is well that ends well.

    Source : IMDb

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (2)

    クレジットタイトル詳細 (14)

    監督補佐 :

    Marcel Camus

    Dialogue Writers :

    Gaston Bonheur, Philippe de Rothschild

    Screenwriters :

    Gaston Bonheur, Philippe de Rothschild

    録音技師 :

    Constantin Evangelou

    製作部長 :

    François Carron

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Gérard Calvi

    Adaptation :

    Roger Vadim

    プロデューサー :

    André Halley des Fontaines

    フォトディレクター :

    Léonce-Henri Burel

    撮影技師 :

    Henri Raichi

    Editor :

    Suzanne De Troeye

    装飾 :

    Jean Douarinou

    演出助手 :

    Eugène Nase

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー, 怪奇

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1952

    フランス公開 :

    03/09/1952

    上映時間 :

    1 時間 27 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11530

    ビザ発行日 :

    31/07/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル