このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
悲しみのヴァイオリン

悲しみのヴァイオリン

A 長編映画 by Régis Wargnier

Produced by Odessa Films

Release in France : 08/10/1986

    あらすじ

    ヴァ イオリニストのシモン(クリストフ・マラヴォワ)は、芸術上の行きづまりからアルコールに溺れていた。妻ローラ(ジェーン・バーキン)は彼が所属するオー ケストラの主宰者であり、数年前、ピアニストの夫グザヴィエ(ディディエ・サンドル)を捨て、子供を連れてシモンとの生活を始めたのだ。ストラスブールの コンサートの途中、アル中で倒れたシモンは、自己嫌悪からますますひどい泥酔状態へとなっていった。ローラはシモンを駅で迎えるが、興奮したシモンは彼女 から離れてしまう。グザヴィエがローラを家に送るがシモンは、同じオーケストラの団員、チェリストのベルナール(アンジェイ・セヴェリン)の家にころがり 込んだ。彼はまたもや酒に酔って、ベルナールの子供にケガをさせてしまう。酒を飲み続けるシモンは、とあるビストロで奇妙な男ピエール(ジャン・ルイ・ト ランティニャン)と知り合う。ピエールはシモンを自分の家に連れ帰り献身的にシモンの看病をした。ピエールもアルコール中毒だった過去があり、その地獄か らの脱出方法を語るのだった。ローラにしばらくの間戻らないと電話で告げブルターニュ地方への旅にピエールと共に出るシモン。旅から戻ったシモンに、ロー ラが電話で別れを告げた。その翌日彼女の許へ戻ったシモンは、ローラに立ち直ることを誓い、2人は甘美な時を過ごす。しかし、2人の平穏は長くはなかっ た。ローラが企画したベルナール、グザビエ、シモンの3重奏を、シモンは拒絶し、ようやく承諾したものの、彼はローラと別れピエールと暮らすと告げた。動 転してピエールの所へ駆けつけるローラ。「彼を返して」と叫ぶローラに、ピエールが自分の過去を語った。夜、妻と共に海をセーリングしていた彼は酔ってお り、誤って海に落ちた妻をただ見殺しにすることしかできなかった。それ以来アルコールにとりつかれ、今はようやく立ち直ったということを。すべてを理解し たローラは、シモンから去るのだった。

    Watch 悲しみのヴァイオリン in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    TF1 Films Production

    フランス国内配給 :

    UGC Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Yannick Bernard

    海外プロデューサー :

    Eberhard Junkersdorf

    Sound recordists :

    Paul Lainé, Jean-Paul Loublier

    フォトディレクター :

    François Catonné

    撮影技師アシスタント :

    Françoise Noyon, Michel Sourioux, Catherine Strem

    Editor :

    Noëlle Boisson

    スクリプト :

    Françoise Penzer

    作曲家 :

    Romano Musumarra

    サウンド・ミキサー :

    Manfred Arbter

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    音楽, 病気

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    08/10/1986

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    61097

    ビザ発行日 :

    15/09/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    Selection (5)

    Best Actress : Jane Birkin

    Best Actor : Christophe Malavoy

    Best first picture

    Best Supporting Actor : Jean-Louis Trintignant

    Most Promising Actress : Dominique Blanc

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    César Award for Best First Feature