このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
悲しみのヴァイオリン

悲しみのヴァイオリン

A 長編映画 by Régis Wargnier

Produced by Odessa Films

Release in France : 08/10/1986

    あらすじ

    ヴァ イオリニストのシモン(クリストフ・マラヴォワ)は、芸術上の行きづまりからアルコールに溺れていた。妻ローラ(ジェーン・バーキン)は彼が所属するオー ケストラの主宰者であり、数年前、ピアニストの夫グザヴィエ(ディディエ・サンドル)を捨て、子供を連れてシモンとの生活を始めたのだ。ストラスブールの コンサートの途中、アル中で倒れたシモンは、自己嫌悪からますますひどい泥酔状態へとなっていった。ローラはシモンを駅で迎えるが、興奮したシモンは彼女 から離れてしまう。グザヴィエがローラを家に送るがシモンは、同じオーケストラの団員、チェリストのベルナール(アンジェイ・セヴェリン)の家にころがり 込んだ。彼はまたもや酒に酔って、ベルナールの子供にケガをさせてしまう。酒を飲み続けるシモンは、とあるビストロで奇妙な男ピエール(ジャン・ルイ・ト ランティニャン)と知り合う。ピエールはシモンを自分の家に連れ帰り献身的にシモンの看病をした。ピエールもアルコール中毒だった過去があり、その地獄か らの脱出方法を語るのだった。ローラにしばらくの間戻らないと電話で告げブルターニュ地方への旅にピエールと共に出るシモン。旅から戻ったシモンに、ロー ラが電話で別れを告げた。その翌日彼女の許へ戻ったシモンは、ローラに立ち直ることを誓い、2人は甘美な時を過ごす。しかし、2人の平穏は長くはなかっ た。ローラが企画したベルナール、グザビエ、シモンの3重奏を、シモンは拒絶し、ようやく承諾したものの、彼はローラと別れピエールと暮らすと告げた。動 転してピエールの所へ駆けつけるローラ。「彼を返して」と叫ぶローラに、ピエールが自分の過去を語った。夜、妻と共に海をセーリングしていた彼は酔ってお り、誤って海に落ちた妻をただ見殺しにすることしかできなかった。それ以来アルコールにとりつかれ、今はようやく立ち直ったということを。すべてを理解し たローラは、シモンから去るのだった。

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    TF1 Films Production

    フランス国内配給 :

    UGC Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Yannick Bernard

    Dialogue Writers :

    Catherine Cohen, Alain Le Henry, Alain Wermus

    海外プロデューサー :

    Eberhard Junkersdorf

    Sound recordists :

    Paul Lainé, Jean-Paul Loublier

    撮影技師アシスタント :

    Françoise Noyon, Michel Sourioux, Catherine Strem

    Editor :

    Noëlle Boisson

    スクリプト :

    Françoise Penzer

    作曲家 :

    Romano Musumarra

    サウンド・ミキサー :

    Manfred Arbter

    Assistant directors :

    Marion Lary, Christophe Reichert, Alain Wermus

    Screenwriters :

    Régis Wargnier, Catherine Cohen

    フォトディレクター :

    François Catonné

    Sound assistants :

    Claudine Nougaret, Michel Villain

    Production managers :

    Patrick Delabrière, Ilya Claisse

    Assistant editors :

    Patrice Grisolet, Fabienne Alvarez-Giro

    装飾 :

    Jean-Jacques Caziot

    Costume designers :

    Cristine Guégan, Corinne Jorry

    演出助手 :

    Patrick Delabrière

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    音楽, 病気

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    08/10/1986

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    61097

    ビザ発行日 :

    15/09/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    Selection (5)

    Best Actress : Jane Birkin

    Best Actor : Christophe Malavoy

    Best first picture

    Best Supporting Actor : Jean-Louis Trintignant

    Most Promising Actress : Dominique Blanc

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    César Award for Best First Feature