このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
テレーズ

テレーズ

A 長編映画 by Alain Cavalier

Produced by Alliance Film Communication (AFC)

Release in France : 24/09/1986

    あらすじ

    フランスの北の寒村リジュー。テレーズ(カトリーヌ・ムーシェ)は、マルタン家の五人姉妹の末っ娘。彼女は幼児期から繊細で、いつも夢見る少女だ。 姉たちもすでに修道女になっており、テレーズも厳しい戒律で知られる同じカルメル会に入る決心をした。しかし、父はまだ幼いテレーズが厳しいカルメル会に 入ってしまうのが忍びなく反対する。しかし、テレーズの決意は固かった。いよいよイエスに嫁ぐ日、純白の衣装に身を包み、父や姉たちの祝福を受けるテレー ズ。修道院での生活が始まった。掃除や料理、祈祷で過ぎる日々。そんな矢先、彼女は吐血する。肺を病んでいたのだ。修道院にはリュシー(エレーヌ・アレク サンドリディ)という娘がいた。「2千年も前に死んだ男、それも存在したかもわからない男を愛するなんてバカげている」というリュシー。そんな彼女にイエ スの愛を優しく説くテレーズ。ある日修道院を訪れた母がわりの姉セリーヌ(オーロール・プリート)が父の死を告げた。イエスの降誕祭。修道女たちはいつに なく心華やいだ。思いがけない来訪者たちでにぎわう修道院。そんな空気に背を向けるリュシーは、テレーズに特別な感情を向ける。これを見た修道長は、二人 が会うことを禁じた。再び倒れるテレーズ。病は相当に進んでいたのだ。修室を去り病室に移った彼女は、イエスのことを思った。そっとテレーズに手紙を送る リュシー。最後の聖体拝領が行なわれた日の夜、彼女はテレーズの思い出の品々に身を包み修道院から逃走した。1897年9月。臨終の苦悶の中で、テレーズ は最後まで、イエスへの愛を唱えながら帰天した。24歳の若さだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Alliance Film Communication (AFC)

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio

    共同製作 :

    Films A2

    フランス国内配給 :

    Union Générale Cinématographique (UGC)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (11)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    19世紀末に実在した聖処女テレーズの信仰に人生を捧げた姿を描く。製作はモーリス・ベルナール、監督は「別離」のアラン・カヴァリエ、脚本はカ ミーユ・ド・カサビアンカ、撮影はフィリップ・ルスロ、音楽はアラン・ラサシャーニュが担当。出演はカトリーヌ・ムーシェ、オーロール・プリートほか。 87年のセザール賞6部門(作品・監督・脚本・新人女優・撮影・編集)受賞。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Maurice Bernart

    フォトディレクター :

    Philippe Rousselot

    音声アシスタント :

    Bruno Tarrière

    製作部長 :

    Daniel Deschamps

    Editor :

    Isabelle Dedieu

    Costume designer :

    Yvette Bonnay

    Screenwriters :

    Alain Cavalier, Camille de Casabianca

    録音技師 :

    Alain Lachassagne

    撮影技師アシスタント :

    Louis Becker

    報道担当(映画) :

    Claude Davy

    装飾 :

    Bernard Evein

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Dalmasso

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    宗教

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    24/09/1986

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    60947

    ビザ発行日 :

    17/07/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    Selection (10)

    Best Film

    Best Production Design : Bernard Evein

    Best Cinematography : Philippe Rousselot

    Best Costume Design : Yvette Bonnay

    Best Sound : Dominique Dalmasso, Alain Lachassagne

    Most Promising Actress : Catherine Mouchet

    Best Director : Alain Cavalier

    Best Editing : Isabelle Dedieu

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Alain Cavalier, Camille de Casabianca


    Cannes International Film Festival - 1986

    Cannes International Film Festival (フランス, 1986)

    Selection

    Official Competition

    受賞 (3)

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    賞 (5)

    César Award for Best Original or Adapted Screenplay : Alain Cavalier, Camille de Casabianca

    César Award for Best Film

    César Award for Most Promising Actress : Catherine Mouchet

    César Award for Best Cinematography : Philippe Rousselot

    César Award for Best Editing : Isabelle Dedieu

    French Syndicate of Cinema Critics - 1986

    French Syndicate of Cinema Critics (1986)

    French Syndicate of Cinema Critics Price

    プレスキット