このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
ゴールデン・エイティーズ

ゴールデン・エイティーズ

A 長編映画 by Chantal Akerman

Produced by Limbo Film, Paradise Films, La Cecilia

Release in France : 25/06/1986

    あらすじ

    レ・ アールのフォーラムを思わせる地下ブティック街。ジャンヌ(デルフィーヌ・セイリグ)とシュワルツ(シャルル・デネール)夫妻が経営する高級ブティックと リリ(ファニー・コタンソン)経営の美容室が大階段をはさんで並び、向いのシルヴィ(ミリアム・ボワイエ)が経営するカフェに常連客が集まる。ジャンヌと シュワルツ氏の息子ロベール(ニコラ・トロン)は、リリを思っているが、リリは、家主のギャング、ムッシュ・ジャン(ジャン・フランソワ・バルメール)に も思われ、ジャンはリリを独占したいと思っている。そして、美容院で働くマド(リオ)はロベールに夢中。そんなころ、ジャンヌのもとに30年前の恋人、ア メリカ人のイーライ(ジョン・ベリー)が現われ、ジャンヌの心は動揺する。自分の恋しか目に入らないジャンヌだが、ロベールを愛するマドの悩みを聞き、 「恋はどうにもならない」となぐさめる。やがて、リリの愛を得られないロベールが、一時の思いつきで、マドとの結婚を決意し、マドは幸福感に満たされる。 翌日、イーライとジャンヌが再会。一方、リリに恋するジャンは、リリとロベールのことが気になり、美容室を破壊。ジャンヌはイーライの求婚を断り、イーラ イはリリと遠くへ行ってしまう。それから3ヵ月。ロベールとマドの結婚式を明日にひかえた日、ロベールのもとにリリが戻る。本当に愛していたのはあなただ というリリ。ロベールは彼女を抱きよせる。そんな二人の姿を見てしまったマドは悲しみのうちにロベールを諦める決心をする。マドをなぐさめるジャンヌ。や がて、また、平静な日々が戻ってくる。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Pari Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant directors :

    Lorraine Groleau, Serge Meynard, Isabelle Willems

    フォトディレクター :

    Gilberto Azevedo

    撮影技師アシスタント :

    Luc Benhamou

    Editor :

    Francine Sandberg

    スクリプト :

    Susana Rossberg

    作曲家 :

    Marc Herouet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ミュージカル

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    スイス, ベルギー, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (スイス, ベルギー, フランス)

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    25/06/1986

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    59749

    ビザ発行日 :

    23/06/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    Director

    映画祭でのセレクション