このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
青春群像

青春群像

A 長編映画 by Federico Fellini

Produced by Cité Films

Release in France : 23/04/1954

    あらすじ

    彼 らの仲間、五人ののらくら者たちは、何をしたらいいのか生きる目的をもっていない。最年長の色男ファウスト(フランコ・ファブリッツィ)は、仲間の一人モ ラルド(フランコ・インテルレンギ)の妹サンドラ(レオノーラ・ルッフォ)を妊娠させ、結婚しなければならぬ羽目になる。彼はいやおうなしに聖像や聖画を 売る店につとめさせられた。だが、主人の奥さんにたわむれかけたり、妻と映画館に入れば隣席の女に手を出す始末で、仕事は馘になった。しかえしにモラルド と二人で天使の像を盗み出した彼は、それを僧院に売りつけようとしたが、どこでも相手にされない。ついには妻に愛想をつかされ、父に子供の頃のようにたた かれて、はじめて彼は妻と抱き合って泣いた。仲間のアルベルト(アルベルト・ソルディ)は、働き手の姉に小遣いをもらって暮す怠け者だが、謝肉祭の翌朝、 その姉は彼と老母をのこして男とかけおちしてしまった。彼をなぐさめるのは、仲間で一番若いインテリのモラルドだった。もう一人の仲間レオポルド(レオポ ルド・トリエステ)は、詩人であり劇作家志望の男である。しかし彼は、ろくろく机にもむかわず、地方廻りにやってきたおちぶれた老俳優と話をしても、おじ けづいてしまう男だ。歌のうまいリカルド(リカルド・フェリーニ)も、みんなといっしょに、カフェーでなすこともなく時を過したり、海辺を理由もなく歩き 廻ったりして日日をくらしている。ただ若いモラルドだけが、ある日ひとり深夜の町を歩きまわって、まだ暗い町を仕事にいそぐ駅夫の少年を知った。そして、 彼は、仲間たちとこの町での生活からはなれて、一人旅立つことを考えたのだ。「どこに行って何をするの?」という少年の問に、「どうにかなるさ」と答え て、モラルドは早朝の汽車で町をたった。ファウスト夫婦や、レオポルドや、リカルドや、アルベルトたちの、ベッドでのまどろみをあとに、モラルドの汽車は 走りさっていった。

    Watch 青春群像 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (17)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Cité Films

    フランス国内配給 :

    RKO Radio Films

    海外製作作品 :

    PEG Produzione

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (10)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (9)

    監督補佐 :

    Max de Vaucorbeil

    Adaptation :

    René Barjavel, Max Morice, Michel Audiard

    共同製作 :

    Jacques Bar

    編集担当 :

    Rolando Benedetti

    作曲家 :

    Nino Rota

    海外プロデューサー :

    Lorenzo Pegoraro

    Screenwriters :

    Federico Fellini, Tullio Pinelli, Ennio Flaiano

    Directors of Photography :

    Otello Martelli, Carlo Carlini, Luciano Trasatti

    装飾 :

    Perretti Julio

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    イタリア語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    いいえ

    製作国 :

    ごく一部フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1953

    フランス公開 :

    23/04/1954

    上映時間 :

    1 時間 43 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    14053

    ビザ発行日 :

    21/04/1954

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (4)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    Taipei Golden Horse Film Festival - 2020

    Taipei Golden Horse Film Festival (台湾, 2020)

    Selection

    Fellini 100: Reprise

    Shanghai - International Film Festival - 2020

    Shanghai - International Film Festival (中国, 2020)

    Selection

    Tribute to Masters : Federico Fellini