このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
The Nada Gang

The Nada Gang

A 長編映画 by Claude Chabrol

Produced by Les Films La Boëtie

Release in France : 06/02/1974

    あらすじ

     さて『Nada』は1974年の作品で、駐仏アメリカ大使を誘拐した右翼テロ組織「ナーダ」と、警察の非情な追撃を描いたポリティカル・スリラー。原作 はロマン・ノワールの代表格、J=P・マンシェットの『地下組織ナーダ』。ハヤカワポケミスで邦訳が出ていましたが、今は絶版。

    俳優 (35)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films La Boëtie

    Film exports/foreign sales :

    Artédis

    海外製作作品 :

    IIF - Italian International Film

    フランス国内配給 :

    Les Films La Boëtie

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

     『肉屋』や『破局』といった作品で漲っていたシャブロル特有の“悪意”は、この映画でも健在。特に、手柄を立てるためには手段を選ばない警部ゴエモン(本当にこういう名前)のキャラクターが最高です。彼自身、犯罪者たちを人間とも思っていないロクデナシなので、その対立劇には単純な善悪観など存在しません。演じるミシェル・オーモンの孤立した中間職っぽさがまた絶妙(笑)。犯人達のアジトに突入するクライマックスも、単に「虐殺」以外の何ものでもなく、シャブロルの非情な視線が冴え渡っています。
     逆に、テロリストたちの方はといえば、常に内部崩壊の危機をはらんだ脆弱な連帯として描かれます。その名が“Nada”(=Nothing)というのは分かり易すぎるネーミング。リーダー役ファビオ・テスティを筆頭に、メンバーがルー・カステルやマリアンジェラ・メラートといった顔ぶれなので、もう破綻は約束されたようなもの。途中で組織を抜けたがために警部に利用される気弱な教師を、シャブロル作品常連のミシェル・デュショーソワが演じていて、いい味だしてます。

     葛藤を抱えたテロリスト集団に、その皆殺しをもくろむ悪辣な警察。シャブロルはもちろん、実際に政治運動家でもあったマンシェットさえも、心から描きたかったのは政治的主張より“人道から外れた者たち同士の繰り広げる対立”でしょう。物語の結末で描かれるのは、主人公が政治的意図とは関係なく「落とし前」をつける姿であり、まさにここで観客は溜飲を下げます。

     そうした精神的にフリーキーな対立構図は、当時のロマン・ノワール作家たちが好んで描いています。マンシェットの『狼が来た、城へ逃げろ』など、わりと戯画的でファンタジックな感覚の作品が多い中、題材のアクチュアリティとスキャンダラスな設定を持った『地下組織ナーダ』を原作に選んだのは、シャブロルの計算高いところかもしれません。

     高級娼館での大使誘拐シーンのサスペンス、テロリストたちの微妙な人間関係のタペストリー、田舎を舞台にした警察との攻防など、シンプルな語り口で小気味よく描いていく巧さは、さすがシャブロル。疑心と悪意と暴力に満ちた、紛うかたなきシャブロル作品でありながら、骨太のエンターテインメントとしても成立しています。

    Source : simplydead.blog66.fc2.com

    クレジットタイトル詳細 (14)

    監督補佐 :

    Régis Wargnier

    プロデューサー :

    André Genoves

    フォトディレクター :

    Jean Rabier

    撮影技師 :

    Alain Douarinou

    Assistant editor :

    Monique Gaillard

    作曲家 :

    Pierre Jansen

    スチールマン :

    Roger Corbeau

    原作者 :

    Jean-Patrick Manchette

    シナリオライター :

    Claude Chabrol

    録音技師 :

    Guy Chichignoud

    編集担当 :

    Jacques Gaillard

    スクリプト :

    Aurore Chabrol

    美術装飾 :

    Guy Littaye

    Location managers :

    Patrick Delauneux, Pierre Gauchet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1973

    フランス公開 :

    06/02/1974

    上映時間 :

    2 時間 9 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    41281

    ビザ発行日 :

    19/03/1990

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル