このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Le Témoin de minuit

Le Témoin de minuit

A 長編映画 by Dimitri Kirsanoff

Produced by Paris-Monde Production

Release in France : 13/02/1953

    あらすじ

    Jacques Montet, a successful crime story writer, has already written a hundred books and would like to call it quits now to devote himself to loftier writing. But his wife, a cold-hearted, money-minded, bossy woman won't allow. All the more as she is the one who supplies Jacques with the plots of his detective stories. When Jacques, yearning for true love, meets young, pretty Muriel, he can't stand the situation any longer. Fortunately - for him - the plot of the 101st detective story imagined by his wife is about a ... perfect crime. He simply has to follow her instructions to ... get rid of her. Everything goes according to plan until Jacques discovers a scary detail: the presence of a mysterious witness on the scene of the crime...

    Source : IMDb

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (2)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Guy Diamant, Jean Lefait

    せりふ作者 :

    René Barjavel

    フォトディレクター :

    Roger Fellous

    製作部長 :

    Raymond Logeart

    装飾 :

    Jean Douarinou

    Adapter/dialogue writer :

    René Barjavel

    Screenwriters :

    Morvan Lebesque, René Barjavel

    録音技師 :

    Maurice Carrouet

    Editor :

    Jacqueline Sadoul

    Costume designer :

    Pierre Balmain

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    推理

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1953

    フランス公開 :

    13/02/1953

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    12519

    ビザ発行日 :

    27/01/1953

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル