このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Trente et quarante

Trente et quarante

A 長編映画 by Gilles Grangier

Produced by Gaumont

Release in France : 03/07/1946

    あらすじ

    The scene is set during the Second Empire. Captain Bitterlin watches jealously over his lovely daughter Madeleine but he cannot prevent nature from demanding its rights and Madeleine soon finds herself a suitor in the person of Mario, a dashing young songwriter. Bitterlin, who wishes his daughter to "evade the grip" of the young man, takes her away to Monte Carlo. There, the captain does what he had sworn he would never do, he gambles in a casino. And even more upsetting: Mario might well be hereabouts...

    Source : IMDb

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Gaumont

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant director :

    Dagmar Bolin

    プロデューサー :

    Paul-Edmond Decharme

    フォトディレクター :

    Fred Langenfeld

    撮影技師 :

    Michel Rocca

    Editor :

    Germaine Artus

    装飾 :

    Louis Le Barbenchon

    Costume designer :

    Olga Choumansky

    原作者 :

    Edmond About

    シナリオライター :

    André-Paul Antoine

    Sound recordists :

    Jacques Carrère, Émile Lagarde

    製作部長 :

    Marc Le Pelletier

    スクリプト :

    Chiffon Guillon

    作曲家 :

    Francis Lopez, Jacques Larue

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1945

    フランス公開 :

    03/07/1946

    上映時間 :

    1 時間 46 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    614

    ビザ発行日 :

    15/12/1945

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし