このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Lucrezia Borgia

Lucrezia Borgia

A 長編映画 by Abel Gance

Produced by Compagnie du Cinéma

Release in France : 20/12/1935

    あらすじ

    At the end of the 15th Century, Rome is ruled ruthlessly by power mad and sex hungry Cesare Borgia, the eldest son of Pope Alexander VI. Following the advice of his chief adviser Niccolo Macchiavelli, Cesare Borgia decides to attempt to unify the country in order to become even more powerful. To this end he needs his sister Lucrezia. Presently, the beautiful creature is married to the Count of Pesaro but she would be more useful if she was the wife of Alphonse of Aragon. Never mind, let the Count join his ancestors! And when the Duke of Aragon becomes useless, Cesare easily finds his replacement. Used as a pawn by her brother, Lucrezia eventually renounces happiness and becomes patron of the arts and the letters.

    Source : IMDb

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Compagnie du Cinéma

    フランス国内配給 :

    Héraut Film

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    クレジットタイトル詳細 (9)

    プロデューサー :

    Henri E. Ullmann

    Directors of Photography :

    Roger Hubert, Boris Kaufman

    製作部長 :

    Henri Vendresse

    Production Designers :

    Henri Menessier, René Renoux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1935

    フランス公開 :

    20/12/1935

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル