このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Sorry Brother

Sorry Brother

A 長編映画 by Patrizia Mazuy

Produced by Titane

Release in France : 31/05/1989

    あらすじ

    Norther rural France. Gerard and wife Annie have made a nice life for themselves on their farm. That life is disturbed by the arrival of Gerard's older brother Roland - a brother Annie never knew existed. It gradually becomes clear that both brothers had once negligently set fire to a barn while drunk, inadvertently causing the death of a sleeping wanderer. Roland took all the blame for causing the death, and spent ten years in prison for it. Now he wants Gerard to make those years up to him. Gerard, who up until then had succeeded in putting the incident out of his mind, is now consumed by guilt, and, since he loves both his brother and his wife, doesn't know what to do about those demands. Not only that, but he is a little bit afraid of Roland.
     

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Titane

    フランス国内配給 :

    Plain Chant Distribution

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Jean-Luc Ormières

    フォトディレクター :

    Raoul Coutard

    音声アシスタント :

    Pascal Metge

    Editor :

    Sophie Schmit

    装飾 :

    Yves Brover

    サウンド・ミキサー :

    Joël Rangon

    Screenwriter :

    Patrizia Mazuy

    録音技師 :

    Jean-Pierre Duret

    製作部長 :

    Baudoin Capet

    Assistant editor :

    Nathalie Alquier

    作曲家 :

    Théo Hakola

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    田園地帯

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1989

    フランス公開 :

    31/05/1989

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    67627

    ビザ発行日 :

    23/05/1989

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    Director

    映画祭でのセレクション (2)