このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
アンダルシアの犬

アンダルシアの犬

A 短編映画 by Luis Bunuel

製作年 : 1929

    あらすじ

     今みても感嘆する他にないシュールレアリズムの映像詩。L・ブニュエルの凄い所はこのイマジネイティヴな実験精神を失わず、メキシコ時代の通俗作品、後 期の“アンチ”カトリシズムの不条理劇と、果敢な映画的創造を貫いたことだ。ダリが共同脚本を手がけた本作は全く論理的脈略はなく、あまりにも有名な、眼 球を剃刀で真二つにされる女、路上に切り落とされた手首をみつめる女装の男、痙攣する掌を這い回る蟻の群れなど、夢魔的イメージが全篇を支配している。そ こに何を読みとるかは観る者の自由。ただ、やがて内戦状態に突入していく20年代の終わりのスペインで作られた点は何かを教唆するだろう。

    俳優 (4)

    映画製作・配給会社

    Film exports/foreign sales :

    Cinexport

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (3)

    Screenwriters :

    Luis Bunuel, Salvador Dali

    装飾 :

    Pierre Schild

    フォトディレクター :

    Albert Duverger

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    フィクション, 実験映画

    テーマ :

    シュールレアリズム

    言語 :

    セリフなし

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1929

    上映時間 :

    16 分

    ニュメロ·デ Visa :

    23.815

    ビザ発行日 :

    28/11/1973

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし