このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
エレベーターを降りて左

エレベーターを降りて左

A 長編映画 by Édouard Molinaro

Produced by Orly Films

Release in France : 31/08/1988

    あらすじ

    画家のヤン(ピエール・リシャール)は、魅力的な人妻フロランス(ファニー・コタンソン)に片思い。一方、ヤンのアパートの隣人ボリス(リシャー ル・ボーランジェ)は、同棲相手のエヴァ(エマニュエル・ベアール)と喧嘩ばかりの毎日。ある朝、ドアの自動ロックがかかり、下着姿のエヴァが廊下に締め 出される。助けを求められたヤンは、ボリスの部屋に侵入、彼から浮気とカン違いされる。エヴァはボリスに追い出され、ヤンの部屋を訪れる。そこへフロラン スがやって来て、彼女はエヴァをヤンの愛人とカン違い。フロランスの夫アンドレ(ピェール・ヴェルニエ)もやって来て、彼女を連れ帰り、ヤンのデート計画 は壊れてしまう。その時、心を入れかえたボリスがエヴァを迎えに来る。エヴァは、自分の荷物を取りにヤンの部屋に行くが、ヤンはピストルを自分に向けてい る。ジョークのつもりが警官を招いての騒動となった。また、今度はエヴァがボリスに喧嘩を売り始め、ヤンとの浮気を疑うボリスはヤンに詰め寄り、果ては部 屋を破壊する始末。呆れたエヴァは出て行こうとするが、ボリスはベランダにぶら下がり、「死んでやる」と絶叫。彼にしがみついたヤンともども、あやうく転 落しかける。その騒ぎを見てフロランスがやって来るが、ひょんなことからボリスの浮気が発覚、エヴァはピストルを持ち出し発砲。だが、それはライターのオ モチャであった。騒ぎはようやく収拾し、ボリスとエヴァはヨリを戻し、ヤンもアンドレと喧嘩別れしたフロランスの愛を手に入れることに成功する。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (13)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Orly Films

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    Associate producers :

    Fidéline FIlms, Renn Productions

    フランス国内配給 :

    AMLF

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (5)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    パリのおしゃれなアパルトマンを舞台に、画家とその恋人が巻き起こすロマンチック・コメディ。製作はクロード・ベリ、監督は「優しく愛して」のエ ドゥアール・モリナロ。ジュラール・ロジェの舞台劇“Lamuse gueule"を基に自身が脚色、撮影はロベール・フレス、音楽はマレー・ヘッドが担当。出演はエマニュエル・ベアール、リシャール・ボーランジェほか。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Claude Berri

    原作者 :

    Gérard Lauzier

    フォトディレクター :

    Robert Fraisse

    音声アシスタント :

    Olivier Burgaud

    Camera operators :

    Bernard Noisette, Noël Very

    Editor :

    Nicole Gauduchon

    作曲家 :

    Murray Head

    Costume designer :

    Catherine Gorne-Achdjan

    スチールマン :

    Georges Pierre

    Adapter/dialogue writer :

    Gérard Lauzier

    共同製作 :

    Pierre Richard

    録音技師 :

    Daniel Brisseau

    撮影技師アシスタント :

    Michel Amathieu, Isabelle Czajka

    製作部長 :

    Michel Choquet

    スクリプト :

    Bénédicte Kermadec

    Foley artist :

    Jonathan Liebling

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Lamps

    演出助手 :

    Jacques Schaeffer

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1988

    フランス公開 :

    31/08/1988

    上映時間 :

    1 時間 23 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    66611

    ビザ発行日 :

    26/08/1988

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    2.35

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし