このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Berlin Jérusalem

Berlin Jérusalem

A 長編映画 by Amos Gitaï

Produced by Agav Films, Maison de la Culture du Havre

Release in France : 14/03/1990

    あらすじ

    Two interconnected stories in the 1930s, one set in Berlin, the other in Palestine: Mania Vilbouchevich Shohat (1880-1961), called Tania, a Russian Jew and revolutionary, goes from Minsk to Palestine to live on a collective. She promotes feminism and laments a shift in the men from self-defense to aggression. Her friend, Else Lasker-Schuler (1869 - 1945), expressionist poet and German Jew, is in Berlin, writing, caring for her son, watching Hitler's movement take power. She goes to Jerusalem and imagines a park for Arab and Jew. Her poems, voiced from within, capture her experience. The film meditates on the violence at the root of Israel's birth: of the Nazis and of the Zionists.

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (5)

    共同製作 :

    Arte France Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Agav Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (7)

    Screenwriters :

    Amos Gitaï, Gudie Lawaetz

    録音技師 :

    Antoine Bonfanti

    編集担当 :

    Luc Barnier

    作曲家 :

    Marcus Stockhausen, Simon Stockhausen

    Directors of Photography :

    Henri Alekan, Nurith Aviv

    製作部長 :

    Laurent Truchot

    音声編集担当 :

    Michel Klochendler

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語, ヘブライ語, ドイツ語, 英語

    出身 :

    フランス, オランダ, イタリア, イギリス, イスラエル

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1989

    フランス公開 :

    14/03/1990

    上映時間 :

    1 時間 29 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    69909

    ビザ発行日 :

    06/12/1989

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)