このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
In the Name of the Law

In the Name of the Law

A 長編映画 by Maurice Tourneur

Produced by Pathé-Natan

Release in France : 15/04/1932

    あらすじ

    Marcelle Chantal plays the lovely but lethal head of an opium-smuggling ring. When Chantal orders the murder of a detective, another sleuth, played by Charles Vanel, is ordered to infiltrate her gang. The "heroine" falls in love with Vanel, thereby sealing her own doom. Among the many highlights is the near-surrealistic climax, in which the gang's hideout is bombarded guerilla-style with tear gas.

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Pathé-Natan

    フランス国内配給 :

    Pathé Consortium Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Assistant directors :

    Edouard Lepage, Jacques Tourneur

    Screenwriters :

    Paul Bringuier, Maurice Tourneur

    撮影技師 :

    Georges Benoît

    編集担当 :

    Jacques Tourneur

    原作者 :

    Paul Bringuier

    フォトディレクター :

    Marc Bujard

    製作部長 :

    Jean Erard

    装飾 :

    Jacques Colombier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1931

    フランス公開 :

    15/04/1932

    上映時間 :

    1 時間 17 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1932

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1932)

    Selection

    公式コンペティション