このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Géraldine Pailhas
media

Géraldine Pailhas

俳優

代表: : Ubba

エージェント : Cécile Felsenberg

    プロフィール

    Géraldine Pailhasは、ギャラリー経営者の娘で、最初はダンサーを目指し、16歳でジプシーキングスのプロモーションビデオでデヴュー。1988年、映画「3 places pour le 26」にエキストラで参加、1991年2映画、「Les Arcandiers」軽めの作品、「La Neige et le feu」深刻な作品に出演。戦時中のこの愛の物語で、彼女は心を溶かす看護師役、1992年にセザール最優秀新人賞受賞。同年、Beineix監督の 「IP5」にはYves Montandと共演、1995年に「Don Juan DeMarco」でJohnny Depp と Brandoと共演しロマンチックな女優のイメージを強化した。

    1995年、大男優Depardieuと対面、Pialat監督の「Le Garçu」では、彼女は成長を魅せ成熟度を見事に現した。彼女は多々の映画(「Les Randonneurs」、 「La Parenthèse enchantée」)の中で甘い雰囲気と生真面目なニ面性を活かし、その魅力がひときわ際立つ。「L'Adversaire」(2002)と「Une vie à t'attendre」(Christopher Thompsonパートナーと共に書いた)その中で、夫から無視された妻の役であっても威厳的な雰囲気を持つ、又まったく異なる役で厄介なガールフレンド (Ozon監督の「5 x 2」)や、高級コールガール(「Le Coût de la vie」: 2004年セザール助演女優賞)等の役柄でも信頼を高めた。

    Doillon監督とKlapisc監督の映画で、Géraldine Pailhasは大女優となる。芸術家映画(「Les Revenants」、「Je pense à vous」)と主流の映画(「Les Chevaliers du ciel」、「Le Prix à payer」)間でも怖じる事無く演じきった。エスプリの利いた才能と魅力を合わせ持ち、話し方は早くまるで銃のよう、それはカトリーヌ・ドヌーブを思わ せる。2006年「Le Héros de la famille」でThierry Klifa監督はGéraldine PailhasにMiou-Miouの娘役を依頼。 2008年「Didine」が大成功を果たしたのは彼女の活躍とも言える、映画「Randonneurs」の時の共演者との再会。2009年映画 「Espion(s)」ではとても個性的で意外性な作品にも関わらず多面性を魅せた。

    Filmography (40)

    ポートレート (14)

    Photos (26)

    Comment

    INTERNATIONAL CAREER:
    1995 – Don Juan De Marco – Dir: J. Leven (USA)

    TV:
    2002 – L’Héritière – Dir: B. Rapp;
    1993 – Un homme à la mer – Dir: J. Doillon;
    1989 – Haute tension – Retour à Malaveil – Dir: J. Ertaud;
    1989 – David Lansky – Dir: H. Palud

    ニュース (11)

    映画祭でのセレクション (4)

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1992

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1992)

    César Award for Most Promising Actress : Snow and Fire 

    代表団 (6)