このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Marc-André Grondin - © Thierry Valletoux / Incognita / Europacorp
media - © Jocelyn Michel/LeConsulat.ca

Marc-André Grondin

俳優, あてレコ

代表: : Adéquat

エージェント : Grégory Weill

    プロフィール

    Marc-André Grondinは幼い頃からマスコミ界で活躍。3歳より様々な広告映画に参加。父親Denis Grondinは有名なラジオコメンテーター。Marc - Andreは音楽の世界にも興味を示し俳優と同時に2つの情熱でテレビや映画に力を注ぐ。

    7歳1991年、Robert Favreau監督の「Nelligan」長編映画で初出演。早くも子役スターになり、ケベックの製作会社にとっては、彼の天使の顔は撮影業績を順調に伸 ばして行った。1992年、映画「Gaetan et Rachel」 (別名 「Ma soeur、mon amour」)を全く無邪気に演じた。フランスでは16年後に上演される(2002年5月8日)がこれだ。Marquise Lepage監督の映画「La Fête des rois」(1994)のベンジャミン役、Monique Champagne監督のコメディドラマ映画「La Fenêtre」(1992)アラン役。

    「C.R.A.Z.Y.」(2006年フランスで発売)映画評論家と観客からの指示でMarc-André Grondinの人気は完璧になる。彼の最初の映画の大役については、ザカリ・ボリュ役で非常に良い俳優だと評価、役柄はロックンロールのファンで、特に デヴィッドボウイに夢中、4人兄弟、頑固な父親と非常に宗教的な愛多き母の間で彼の居場所を見つけるのは困難な役。アイデンティティを探るこの役は彼に ぴったりで、彼自身も自分の才能を示すことができた。この作品で最高男優賞をJutra Awards (ジュトラ賞、モントリオール)とVancouver Film Critics Circle (バンクーバー映画批評家協会賞、カナダ)で受賞。そしてこの映画の主題歌を彼が作成した。「C.R.A.Z.Y.」のJean-Marc Vallee監督とは短編映画の「Les Fleurs magiques」(1995)からの縁。その映画ではMarc-André は DJ役で、家ではアルコール中毒の父と優柔不断の母とのケンカを見つめる。

    これ以降 Marc-Andréは、出身地カナダだけでなく外国のプロデューサーや監督から注目を集める。カナダ映画「La Belle bête」(Karim Hussain監督)でも、フランスから絶賛を浴びた。Rémi Bezançon監督の映画「Ma vie en l'air」から2作目の映画「Le Premier jour du reste de ta vie」で出演、Jacques Gamblin、Zabou Breitman と Déborah Françoisと共演。Michel Delgado監督の初長編映画「Bouquet final」にDidier Bourdon、Bérénice Bejo や Gérard Depardieuと共演。

    2008年、Steven Soderbergh監督は「Che」パート2:「Guerilla」の為にレジス・ドブレ役でMarc-Andréを選んだ。彼のキャリアは又新たなス テップを踏む。この映画はカンヌ映画祭2008年の公式大会で提示。Ernesto "Che" Guevaraを演じたBenicio Del Toroは最高男優賞受賞。Jean-Paul Salomé監督の映画「Le Caméléon」ではMarc-André GrondinがFrédéric Bourdinの実話を主役として演じた。

    Filmography (10)

    ポートレート

    Photos (2)

    Contact

    To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

    映画祭でのセレクション

    受賞

    代表団