このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Stephen Rea - © Aracadia Motion Pictures/Manto Aie

Stephen Rea

俳優

    プロフィール

    アイルランド出身、Stephen Reaはまずはダブリン演劇から始めその後ロンドンへ。様々なテレビシリーズに出演し1982 年Neil Jordan監督の 「Angel」 で映画デビュー。この映画から2人の男性と長期間コラボレーションを築き、「La Compagnie des Loups」 (1984)、「Entretien avec un vampire」 (1994)、「Michael Collins」 (1996)、「Butcher Boy」 (1997)、「Prémonitions」 (1998)、「La Fin d'une liaison」 (1999)と 「Breakfast on Pluto」 (2005)で出演。1992年Stephen Reaにとっては実り多い年、不穏な映画「The Crying Game」でオスカー賞、英国アカデミー賞最優秀男優賞を受ける。

    彼 のルックスは普通なのに、準主役に適している、大きなプロダクションや親しみのある映画に参加する。Robert Altman監督「Prêt-à-porter」、Martha Coolidge監督「Angie」、Peter Hyams監督「D'Artagnan」 (2001)等。翌年ドラマ「Evelyn」でPierce Brosnanと共演し撮影場所は彼のルーツであり大好きな故郷に戻る。その後有名なアイルランド作家James Joyceの作品「Ulysse」から映画化され「Bloom」で主演。

    Stephen Reaは軽快にスリラー映画をこなす、「Memories」2002ではポスターを飾る、Ryan Phillippe、Sarah Polleyと共演。「Control」 (2003) Tim Hunter監督の未来派映画では Natalie Portmanと共演「V pour Vendetta」このジャンルを継続する。ホラー映画「Châtiments」Stephen Hopkins監督 (2006)、「Stuck」 (2007) Stuart Gordon監督、フランススリラー「Espion(s)」Nicolas Saada監督でGuillaume Canet と共演 2008。

    2010年仕事仲間で友人でもあるNeil Jordanと現代物語「Ondine」で再会、「Ondine」では人魚に恋をする釣り人(Colin Farrell)を手伝う神父役。

    Filmography (3)

    Sorry, your search returned no results.

    Show more

    Show less