このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Muriel Robin
media

Muriel Robin

俳優, オフレコ

代表: : AS Talents

エージェント : Alexandra Schamis

    プロフィール

    Muriel Robinは、MartineとNidia姉妹と共に、両親の経営する靴屋で育つ。1960年両親の移転によりSt Etienneに移住。彼女の夢は歌手だった、高校卒業試験を2度失敗、そして1975年両親の店で働く事を決意。しかし1977年に一人でパリへ出て Florent演劇学校へ入る。ドラマコンクールで1位を獲得し、Michel Bouquetの元で3年間学ぶ。1981年卒業、"Petit théâtre de Bouvard"劇団に入る。1985年Bouvard監督の芝居「Double Foyer」で初舞台となる。

    そ の後彼女は書く、1988年Pierre Palmadeに出会いコラボレーションの開始し数本のワンマンショーを手がける。1987年les visiteurs 2になる「Les Couloirs du temps」映画にValérie Lemercierの代役で初の映画出演する。2000年ワンマンショーを降りて映画に専念すると決意、Mehdi Charef監督の「Marie-Line」で主役。その後Muriel Robinは「Bécassine, le trésor viking」アニメ映画でBécassine役の声で参加する。彼女はコミックが得意、そのお陰でColine Serreau監督のコメディードラマ「Saint-Jacques... La Mecque」で主役、「Musée haut, musée bas」では大勢のキャスティングの中で参加する、彼女が出るシーンでは大笑いが起きる。2つのドキュメンタリーでMuriel Robinは自然体に見える:Maïwenn監督の「Le Bal des actrices」、と彼女の友人でありアルツハイマーの女優Annie Girardotについて話す時の彼女の感情に触れる語り、そのテレビドキュメンタリーでは見る側にも伝わる。

    Filmography (16)

    ポートレート (6)

    Photos

    Contact

    To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

    映画祭でのセレクション