このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Bleu le ciel

A 長編映画 by Dominique Boccarossa

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

Release in France : 04/07/2001

    あらすじ

    An armed guerilla group smashes up a political meeting attended mostly by foreigners. One of them, Kérim, escapes by jumping into a passing car. At first, the situation is uncomfortable for both him and the car’s driver, Bruno, but they gradually get talking as the day draws on and Kérim gets a taste of a more pleasant kind of life. Now and then, a look, a word or a silence plunges Kérim back into his past, sometimes back to his homeland, Kurdistan. The exploitation that he and his workmates undergo in their “host” country goads them into reacting. Kérim is in love with a woman. He suffers the agonies of uncertainty, but also discovers that the happiness of love can be more than just an idea.

    俳優 (5)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Ciné Classic

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Nicolas Blanc

    フォトディレクター :

    Pierre Fattori

    Editor :

    Josie Miljevic

    作曲家 :

    Christophe Chevalier

    シナリオライター :

    Dominique Boccarossa

    録音技師 :

    Olivier Le Vacon

    スクリプト :

    Anne Desanlis

    Costume designer :

    Catherine Caldray

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    2000

    フランス公開 :

    04/07/2001

    上映時間 :

    1 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    96.769

    ビザ発行日 :

    02/04/2001

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビーSRD