このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Croisiere / 仮題:クルーズ

Croisiere / 仮題:クルーズ

A 長編映画 by Natacha Cagnard

Produced by Adret Films

Release in France : 30/03/2005

    あらすじ

    インターネットで勝ち取った夢のクルーズに旅立つ6人の若者たち。船は船長のピエールと共に、わきあいあいとマルタ島に向けて出航する。
    初めての寄港地マルタ島への到着前日に嵐となり、発電ユニットと無線が故障する。GPSナビのないまま数日航海し、海の真中で彷徨う彼らには食料も尽き、陸地は水平線に一向に現われない。全員がパニックに陥る。怒りにかられた彼らはピエールを無能で不注意だと批判する。
    翌日の晩、物音で起こされた若者達は船のコックピットにナイフと血の跡を見つける。ピエールが失踪した。口論が高じた末か?もしくは殺人?犯人は誰だ?疑惑が立ち上る中で航海は続けられ、若者達は生き残るべく団結する。魚を採る方法を学んで、魚だけを食べつづける彼ら。
    技術的な問題により航海が中断し、何人かは力尽きてしまう。彼らの真の人格が明らかになり、新たなケンカ騒ぎとなる。やっと勇気を取り戻したところで、また一人殺され、彼らのうちの誰かが精神異常者であることを認めざるを得ない。
    船上はパニックに陥り、キャビンに閉じこもる者もいれば見張りをする者もいる。夜、翌日目覚められない恐怖から、眠りと戦う若者達。ますます大きくなる強迫観念の中で各自が生き残りを賭けて戦う。
    命がゆっくり尽き果てそうになったある日、ついに遠方に小さい影が見える。船上は新たに喜びに包まれる。影は大きくなり、船の姿が現われるが、また姿を消す…。
    若者達は生き返るが、悪夢はまだまだ続くのだった…。

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Adret Films

    フランス国内配給 :

    Adret Films

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Michèle Cagnard

    Screenwriters :

    Natacha Cagnard, Aurélia Bernard-Moulin

    Sound recordists :

    François Sempé, Laurent Cercleux

    Editors :

    Natacha Cagnard, Bertrand Soupey

    作曲家 :

    Dumb

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Guillot

    監督補佐 :

    Andréas Meszaros

    Directors of Photography :

    Pierre Isnardon, Marc Robert

    報道担当(映画) :

    Michaël Morlon

    Production Designers :

    Christian Siret, Cyril Cornillier

    Costume designer :

    Mahémiti Deregnaucourt

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    2004

    フランス公開 :

    30/03/2005

    上映時間 :

    1 時間 29 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    108.298

    ビザ発行日 :

    11/01/2005

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ドルビーDTS