このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Le Pain nu

A 長編映画 by Rachid Benhadj

製作年 : 2005

    あらすじ

    “My name is Mohamed. I could have been a kid like any other, a wretched kid, no better or worse that any other wretched kid in the world. We must bear suffering, end of story. I had to put up with my father, a violent alcoholic who had children so he could hate them, and my mother, obliged to work to feed a family doomed to the brutality of need. I had to put up with ignorance because, until I was twenty, I didn’t know how to read or write. Because I hang out in the seedy parts of Tangier I had to familiarize myself with the laws of death. I had to cope with my sexual fantasies about women, whose genitals I considered to be a mysterious “object” until I realized that they “don’t bite.” “La Pain nu” is my first novel which talks about this life without bread that I’ve experienced.” – Mohamed Choukri

    俳優 (7)

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (3)

    原作者 :

    Mohamed Choukri

    編集担当 :

    Eugenio Alabiso

    Director of photography :

    Pierluigi Santi

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    出身 :

    イタリア, モロッコ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (イタリア, モロッコ, フランス)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    監督

    映画祭でのセレクション

    Montreal World Film Festival - 2005

    Montreal World Film Festival (カナダ, 2005)

    Selection

    Perspectives on World Cinema