このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ベティ・ブルー

ベティ・ブルー

A 長編映画 by Jean-Jacques Beineix

Produced by Constellation, Cargo Films

Release in France : 09/04/1986

    あらすじ

    35歳のゾルグ(ジャン・ユーグ・アングラード)は海辺の小さな村でバンガロー500軒の壁面にペンキを塗って生 計を立てていた。そんな彼の前にキュートな女ベティ(ベアトリス・ダル)が現われ、たちまち激しい恋に陥った。ベティはウェイトレスをしていたが、マス ターがイヤで、カバン一つでバンガローにやってきたのだった。ゾルグの雇い主(クロード・コンフォルト)は、ベティを迷惑がり、彼女の方も彼を嫌った。く る日もくる日も単調なペンキ塗りで過ぎてゆくことに耐えられなくなったベティは、ヒステリーを起こして家具や食器を外に投げつけてしまう。その時に段ボー ル箱に入っていたゾルグの日記風の小説を発見し、徹夜で読んだベティは、すっかり感動、彼に小説家になることをすすめる。その時からベティのゾルグを見る 目が変わった。遂にベティが雇い主とケンカし、バンガローにガソリンをまき火をつけてしまう。パリに向かった2人は、ベティの親友リサ(コンスエロ・デ・ ハヴィランド)の家にしばらく住むことになった。そこでベティは、ゾルグの肉筆の原稿をタイプし出版社に送るために毎日タイプライターに向かう。リサの恋 人エディ(ジェラール・ダーモン)とすっかり意気投合したゾルグは、エディの経営しているピザの店“ストロンボリ”でベティと共に働くことになった。出版 社から返事がこないのでイラついたベティは、やっときた返事が冷酷だったため、それを書いた編集者を傷つけてしまう。やがてエディの母が死んだという電話 が入り、みなはエディの故郷に向かった。静かなその小都市でしばらく自然の空気に触れた2人は、その家でしばらく生活することになる。ゾルグは新しい小説 を書き始めた。平穏でしあわせのはずの2人の生活は、しかし、微妙に崩れはじめていた。ベティの神経が病んできたのだ。彼女は妊娠テストを受けて、子供の 生まれるのを楽しみにしていたが、ある日ゾルグが帰宅すると、妊娠テストの結果が陰性で子供はできないと書かれた医者のカルテを発見した。激しいショック を受けたベティは、ピエロのような化粧をし目もうつろになった。その日からますます狂い出したベティはついに自分の目をえぐるという惨事をまねいてしま う。虚脱状態のまま廃人同然となった彼女。その直後、皮肉にもパリから電話で例の小説を印税10%の契約で出版したいと言ってきた。やっとツキが回ってき たのにベティにそのことを報告しても反応はない。ベッドに縛りつけられたまま身動きできずにいる彼女に耐えられなくなったゾルグは、女装して病院に行き、 枕を顔に押しあてて彼女を窒息死させる。ゾルグは再び小説を書き始めた。彼のことをじっと見つめているのは、2人で可愛がっていた猫だ。どこからともなく ベティの声が、ゾルグには聞こえた。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (26)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Constellation, Cargo Films

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    Film exports/foreign sales :

    The Bureau Sales

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (26)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (21)

    製作代表 :

    Claudie Ossard, Jean-Jacques Beineix

    原作者 :

    Philippe Djian

    フォトディレクター :

    Jean-François Robin

    音声アシスタント :

    Pierre Excoffier

    Production managers :

    Jérôme Chalou, Catherine Mazieres

    Sound editor :

    Mariette Levy-Novion

    スクリプト :

    Sylvie Koechlin

    作曲家 :

    Gabriel Yared

    Stunt performers :

    Patrick Cauderlier, Alain Guerillot

    Costume designer :

    Élisabeth Tavernier

    スチールマン :

    Marianne Rosensthiel

    監督補佐 :

    Jean-François Chaintron

    シナリオライター :

    Jean-Jacques Beineix

    Sound recordists :

    Pierre Befve, Julien Cloquet

    撮影技師アシスタント :

    Ariane Damain, Bruno Delbonnel

    Editors :

    Monique Prim, Marie-Aimée Debril

    Assistant editors :

    Catherine Deiller, Alain Minot

    装飾 :

    Carlos Conti

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    キャスティング :

    Dominique Besnehard

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Hennequin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :


    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    09/04/1986

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    60285

    ビザ発行日 :

    15/04/1986

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (4)

    Dingle Film Festival - 2011

    Dingle Film Festival (2011)

    Selection

    Programme général

    オスカー  - 1987

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1987)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    Selection (9)


    Best Editing : Monique Prim

    Best Original Music : Gabriel Yared

    Best Director : Jean-Jacques Beineix

    Best Supporting Actress : Clémentine Célarié

    Best Supporting Actor : Gérard Darmon

    Best Actress : Béatrice Dalle

    Best Actor : Jean-Hugues Anglade

    Best Film

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    Cesar Award for Best Film Poster

    代表団