このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
白夜

白夜

A 長編映画 by Luchino Visconti

Release in France : 08/05/1958

    あらすじ

    イ タリアのある港町。ここへ転勤してきたばかりの青年マリオ(マルチェロ・マストロヤンニ)が夜の小路を散歩していると、運河の橋際に立つ一人の少女(マリ ア・シェル)を見つけた。女は泣いていた。マリオは好奇心にかられ、見知らぬ町での狐独な自分を慰めるためにも、この女に声をかけた。彼女は大きな悲しみ に打ちひしがれているかに見えた。マリオは自己紹介をして、断わる彼女を家まで送り、翌晩の再会を約して別れた。だが女はマリオが去ったとみるや、再びも との橋際にひき返して行った。翌晩、女は約束をたがえて彼から逃げようとした。マリオはなじった。彼女は自分の行為をわび、ナタリアだと名のり、身の上を 語った。なぜ毎晩橋の上に行かねばならぬかを弁明するためにも--。ナタリアは眼のわるい祖母と二人、二階貸しをしながらほそぼそと暮していた。そして下 宿人の青年(ジャン・マレー)と親しくなった。男は自分のことをなにも語らず、彼女もまた世間知らずの少女だった。二人の間にひそやかな愛情が芽生え、ナ タリアは幸福の絶頂にあった。だが、突然、男は町を去ることになった。ナタリアは彼とともに家を出るつもりだったが、男はそれをこのまず、一年経ったら必 ず戻ってくる、その時あなたの心が変っていなければ結婚しようといって、運河の橋のたもとで別れた。--一年経ったいま、ナタリアは毎晩、約束の橋際で男 を待つうち、マリオに出遭ったのだ。マリオは、こんな夢のような話が現実に存在するのかと驚いた。しかも男はすでに町に戻っているというのだ。ナタリアは マリオの友情にすがって、男に手紙を渡してくれと頼む。彼は承知したが約束を果さなかった。マリオの心はナタリアから離れがたくなっていたのである。何も 知らぬ彼女は期待に輝いてみえた。手紙で約束した時間になり、ナタリアはマリオを残して橋の方へ駈けて行った。だがそこには誰もいない。絶望した彼女にマ リオは夢中で愛を告白したが、ナタリアは振りきって行ってしまった。傷心のマリオは町をさまよううち、再び彼女に行き遭い、そこで例の手紙の件を打明け た。ナタリアは、かえってマリオに迷惑をかけたことをわび、彼の愛を受入れて現実の世界に生きようと思った。二人は未来を語り合いながら、雪の降り出した 深夜の町を歩きつづけた。と、例の橋の近くまで来たとき、そこに一人の男の姿があった。ナタリアは突然駈け出した。マリオはそれを静かに見送っていた。

    俳優 (13)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    Intermondia Films

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    Foreign production companies :

    Vides Cinematografica, Cineproduzioni Associate (Cinematografica Associati)

    フランス国内配給 :

    Rank

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (12)

    監督補佐 :

    Cicero Nando

    Screenwriters :

    Suso Cecchi D'Amico, Luchino Visconti

    共同製作 :

    Jean-Paul Guilbert

    製作部長 :

    Pietro Notarianni

    編集アシスタント :

    Ruggero Mastroianni

    作曲家 :

    Nino Rota

    原作者 :

    Dostoïevski

    Foreign producers :

    Franco Cristaldi, Giuseppe Maggi, Mario Maggi

    フォトディレクター :

    Giuseppe Rotunno

    編集担当 :

    Mario Serandrei

    装飾 :

    Mario Chiari

    振り付け :

    Dirk Sanders

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    イタリア語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1958

    フランス公開 :

    08/05/1958

    上映時間 :

    1 時間 39 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    19715

    ビザ発行日 :

    06/12/1957

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1957

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1957)

    Selection

    公式コンペティション