このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Mark of the Day

The Mark of the Day

A 長編映画 by Louis Daquin

Produced by Ciné France

Release in France : 07/04/1949

    あらすじ

    The story of a young miner named Larzac (Rene Lefevre). Unlike his elders, Larzac is terrified at the prospect of going deep into the bowels of the earth to earn his keep. After several dramatic complications related to his plight, Larzac overcomes his fear and gains pride of place.

    俳優 (17)

    映画製作・配給会社 (2)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (13)

    製作代表 :

    Jean Schapira

    Adapters/dialogue writers :

    Vladimir Pozner, Louis Daquin

    シナリオライター :

    Vladimir Pozner

    録音技師 :

    Tony Leenhardt

    報道担当(映画) :

    Marie Queysanne

    装飾 :

    Paul Bertrand

    スチールマン :

    Paul Paviot

    Assistant directors :

    Stellio Lorenzi, Sacha Vierny, André Vetusto

    せりふ作者 :

    Vladimir Pozner

    フォトディレクター :

    André Bac

    製作部長 :

    Paul Joly

    Editor :

    Claude Nicole

    作曲家 :

    Jean Wiener

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    仕事

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1949

    フランス公開 :

    07/04/1949

    上映時間 :

    1 時間 41 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    7761

    ビザ発行日 :

    01/12/1948

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル