このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
It Comes It Goes

It Comes It Goes

A 長編映画 by Pierre Barouh

Produced by NEF - Nouvelles Éditions de Films, Killy S.A.

Release in France : 19/04/1972

    あらすじ

    A meditative stroll through the working day of several lower-middle-class Parisian workers, and pays attention largely to their small pleasures and simple conversations. Due to a public transportation strike, old friends meet each other on the street and improvise some entertainment for themselves. In the course of their conversations, issues of class and urban redevelopment are lightly touched on. One of them lives in the suburbs and needs to find some place to stay for the night. Another is attracted by the carefree lives of some hippies he knows, and he briefly considers running away with them.

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    NEF Diffusion

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Pierre Barouh, Jean-Claude Liguel, Paul Rotcage

    フォトディレクター :

    Michel Humeau

    製作部長 :

    Maurice Urbain

    スクリプト :

    Elisabeth Rappeneau

    サウンド・ミキサー :

    Pierre Vuillemin

    シナリオライター :

    Pierre Barouh

    撮影技師アシスタント :

    Robert Destanques

    Editor :

    Chantal Colomer

    作曲家 :

    Jérôme Savary

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1972

    フランス公開 :

    19/04/1972

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    38399

    ビザ発行日 :

    18/04/1973

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー