このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Lucky to Be a Woman

Lucky to Be a Woman

A 長編映画 by Alessandro Blasetti

Release in France : 20/06/1956

    あらすじ

    Antoinette (Sophia Loren) is an attractive young woman who is adjusting her stockings one day when a passing news photographer snaps her picture. To Antoinette's shock, the picture appears on the front page of one of Rome's biggest newspapers, and she's angered and embarrassed by the attention; soon, she finds herself fighting off the lustful attentions of Corrado (Marcello Mastroianni), the photographer who turned her into an unwitting cheesecake star, and Count Gregorio (Charles Boyer), a nobleman who tells Antoinette that he can make her a movie star. However, while the Count's attentions have little to do with any real effort to bring her to stardom, in time Corrado finds himself genuinely falling in love with the beautiful Antoinette.

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    共同製作 :

    Le Louvre Films

    フランス国内配給 :

    Columbia France

    海外製作作品 :

    Documento Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (6)

    共同製作 :

    Raymond Alexandre

    編集担当 :

    Mario Serandrei

    作曲家 :

    Alessandro Cicognini

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    イタリア語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1956

    フランス公開 :

    20/06/1956

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    17655

    ビザ発行日 :

    01/06/1956

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル