このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
メーヌ・オセアン

メーヌ・オセアン

A 長編映画 by Jacques Rozier

Produced by Les Films du Passage, Antinéa, French Line

Release in France : 16/04/0186

    あらすじ

    フランス西部の街ナント行きの列車メーヌ・オセアン号で、検札係のル・ガレックとリュシアンは、ブラジル人ダンサーのデジャニラと女弁護士ミミと出会い、一悶着起こしてしまうが、なんとかリュシアンが丸く収める。漁師プチガの弁護のために途中のアンジェで降りる予定のミミは、意気投合したデジャニラを誘って海に行く計画を立て、2人一緒にアンジェで下車する。プチガの裁判はプチガの態度の悪さとミミの意味不明の抗弁のため、あっさりと敗訴する。ミミとデジャニラは列車でサーブルに向かうが、列車内で再会したリュシアンの勧めもあり、プチガの住むユー島にリュシアンと3人で行くことになる。一方、リュシアンはユー島への旅行にル・ガレックも誘う。

    ユー島に着いたリュシアンとル・ガレックは、ミミとデジャニラと合流、更にそこにプチガが偶然に居合わせる。ミミとデジャニラからメーヌ・オセアン号でのル・ガレックの態度について悪口を聞かされていたプチガは早速ル・ガレックに喧嘩をふっかけ、止めに入ったリュシアンに軽い怪我を負わせてしまう。しかし、そのことで冷静になったプチガは深く反省し、酔った勢いもあり、逆にル・ガレックを気に入ってしまう。そこにニューヨークからデジャニラの雇い主である興行主ペドロ・マコーラが現れ、ふとしたことから市民会館でどんちゃん騒ぎをすることになる。

    翌朝、デジャニラがプチガと船で出かけたと知ったマコーラは、ル・ガレックを「現代のモーリス・シュヴァリエ」とおだて上げ、ニューヨークに連れて行くと言い出す。はじめは乗り気でなかったル・ガレックも、マコーラの説得に結局乗ってしまう。ところが、飛行機が飛び立とうとしたその時にデジャニラが現れ、ル・ガレックは彼女の替え玉として単にからかわれていただけだったことにようやく気付く。本来なら翌朝10:26にナントを出発する列車に乗務しなければならないル・ガレックは何とかしてナントに向かおうとするが既に船便もなくなっており、仕方なくプチガに頼み込んで船で送ってもらう。何度か船を乗り継ぎ、ようやく海岸に辿り着いたル・ガレックは海岸を走り抜け、道路でヒッチハイクした車に乗り込む。

    Source : Wikipedia

    Watch メーヌ・オセアン in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films du Passage, Antinéa, French Line

    Film exports/foreign sales :

    mk2 films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Paulo Branco

    録音技師 :

    Nicolas Lefebvre

    フォトディレクター :

    Acacio de Almeida

    スクリプト :

    Sophie Dormoy

    Costume designer :

    Monique Perrot

    監督補佐 :

    Jacques Arhex

    Screenwriters :

    Jacques Rozier, Lydia Feld

    Editors :

    Jacques Rozier, Martine Brun

    作曲家 :

    Chico Buarque, Philippe Haïm, A. Frederick, Hubert Degeix

    サウンド・ミキサー :

    Alain Garnier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    16/04/0186

    上映時間 :

    2 時間 11 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    59959

    ビザ発行日 :

    20/01/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    受賞