このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
悪魔の陽の下に

悪魔の陽の下に

A 長編映画 by Maurice Pialat

Produced by Erato Films

Release in France : 02/09/1987

    あらすじ

    北フランス、カンパーニュの主任司祭ムヌウ・スグレ神父(モーリス・ピアラ)は、救区民の教化に熱意を示しつつもその並外れた苦行と懐疑に身をすり へらす助任司祭ドニサン神父(ジェラール・ドパルデュー)に心を痛めながらも、その不器用な彼の魂のもつ神秘的な何かを見抜いていた。親の目を盗んで侯爵 (アラン・アルキュール)と情事を重ねていた16才の少女ムーシェット(サンドリーヌ・ボネール)は、深夜侯爵のもとを訪ね妊娠を告げるが、彼の卑劣な逃 げ腰に逆上し殺害する。その後、土地の名士で代議士のガレ医師(ヤン・デデ)とも情事をもったムーシェットは、彼もまた自分の身の保全に汲々とし彼女の妊 娠はおろか犯罪の告白にも耳を貸さない様子に、彼女の人格は自分はただの肉体で男にもてあそばれる道具なのか、と次第に精神混乱におちいってゆく。主任司 祭の命でポーランクールに向うドニサン神父は、北仏の広大な原野の静けさに満ちた夜に、馬商人の姿をした悪魔(ジャン・クリストフ・ブーヴェ)に会い、試 みにあうが、彼は誘惑をしりぞけた。その明け方、必然のようにムーシェットと出会ったドニサン神父は、瞳を見ただけで少女の罪を理解した。一方初めて己れ の真実と向きあった少女は自殺する。ドニサン神父は血まみれの少女を神にお返しするために聖堂へ運び入れるが、それが醜聞となり彼は5年間の修道院生活を 強いられる。ランブルの主任司祭となったドニサン神父に人々は聖人の姿を見ていたが、彼は自分の無力さにあえいでいた。ある日一人の男が死にかけた息子の ためにドニサン神父を呼びに来るが、彼がリュザルヌの教区に着く頃にはすでにその子は死んでいた。ところが神父が死体を聖体のように捧げると、子供は甦り 目を開くのだった。しかしながら、ドニサン神父の心に平安が訪れることはついになく、神への霊的な葛藤を胸に抱いたまま息をひきとるのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Erato Films

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    Co-productions :

    Films A2, Flach Film, Action Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (10)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    テーマとしてのキリスト教を背景に、一人の神父の行動に話を求めながら底辺に潜む人間の苦悩を描いてゆく。ジョルジュ・ベルナノスの同名小説の映画 化で、エグゼキュティヴ・プロデューサーはクロード・アベイユ、製作はジャン・クロード・ブルラとエディット・コルネル、監督・脚本・出演は「愛の記念 に」のモーリス・ピアラ、共同脚本はシルビー・ダントン、撮影はウィリー・クラントが担当。音楽はアンリ・デュティユの第一交響曲より間奏曲を使用。主演 はジェラール・ドパルデューとサンドリーヌ・ボネール。88年カンヌ映画祭グランプリ受賞作。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (23)

    製作代表 :

    Daniel Toscan du Plantier

    原作者 :

    Georges Bernanos

    Screenwriters :

    Sylvie Danton, Maurice Pialat

    録音技師 :

    Louis Gimel

    撮影技師アシスタント :

    Gilles Henry, Hiromi Rollin

    Production managers :

    Jean-Claude Bourlat, Edith Colnel

    Sound editor :

    Valérie Condroyer

    スクリプト :

    Brigitte Hedou-Prat

    Foley artist :

    Jérôme Lévy

    Production designer :

    Katia Wyszkop

    Set decorator :

    Pascal Graffin

    Location managers :

    Alain Artur, Pierre d'Hoffelize

    Assistant directors :

    Jean-Paul Allègre, Frédéric Auburtin, Didier Creste

    エグゼクティブプロデューサー :

    Claude Abeille

    Directors of Photography :

    Luciano Tovoli, Willy Kurant

    音声アシスタント :

    Jérôme Thiault

    撮影技師 :

    Jacques Loiseleux

    編集担当 :

    Yann Dedet

    編集アシスタント :

    Cédric Kahn

    作曲家 :

    Henri Dutilleux

    キャスティング :

    Cyril Collard

    Costume designer :

    Gil Noir

    Sound mixers :

    François Groult, Dominique Hennequin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ, 文学作品翻案

    テーマ :

    宗教

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1987

    フランス公開 :

    02/09/1987

    上映時間 :

    1 時間 37 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    63085

    ビザ発行日 :

    12/06/1987

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ステレオ