このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Twelve Hours to Live

Twelve Hours to Live

A 長編映画 by Luigi Zampa

Produced by Pathé Production

Release in France : 14/02/1951

    あらすじ

    A gentleman by the name of Bachi dies but can't be admitted into heaven because of an evil action committed during his lifetime. He is given the opportunity to return to the living for a half day. Finding himself embroiled in an amorous relationship, the gentleman forgets what he had permission to come back to the living for. Back at the gate of Saint Peter's, he feels he has lost his last chance and is doomed. Instead he discovers that that half day, and its chance to love, has redeemed him.

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Pathé Production

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Films

    海外製作作品 :

    Cinès

    フランス国内配給 :

    Pathé Consortium Cinéma

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Adrien Remaugé

    Screenwriters :

    Cesare Zavattini, Suso Cecchi D'Amico, Vitaliano Brancati, Diego Fabbri

    フォトディレクター :

    Carlo Montuori

    作曲家 :

    Nino Rota

    せりふ作者 :

    Henri Jeanson

    海外プロデューサー :

    Carlo Civallero

    編集担当 :

    Eraldo Da Roma

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1950

    フランス公開 :

    14/02/1951

    上映時間 :

    1 時間 21 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    10083

    ビザ発行日 :

    18/01/1951

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒