このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Tant que je vivrai

Tant que je vivrai

A 長編映画 by Jacques De Baroncelli

Produced by Les Films Ariane

Release in France : 21/01/1946

    あらすじ

    Following a trivial road accident, Ariane, an international adventuress, falls in love with Bernard Fleuret, a young artist-painter with diseased lungs. Being pursued by the police, she chooses to hide in the sanatorium where the young man is treated. Ariane proves so smitten by love that she finally changes her ways: she decides to let herself be arrested, sure as she is she will be reunited with her loved one later on.

    Source : IMDb

    俳優 (23)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films Ariane

    フランス国内配給 :

    Sirius

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Lucien Masson, Alexandre Mnouchkine

    せりふ作者 :

    Marc-Gilbert Sauvajon

    Screenwriters :

    Jacques Companeez, Alex Joffé

    録音技師 :

    Lucien Lacharmoise

    Editor :

    Paula Neurisse

    作曲家 :

    Wal-Berg

    Adapters/dialogue writers :

    Pierre Brive, Solange Terac

    原作者 :

    Jacques Companeez, Alex Joffé

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    製作部長 :

    Francis Cosne

    装飾 :

    Guy de Gastyne

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1945

    フランス公開 :

    21/01/1946

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    721

    ビザ発行日 :

    03/01/1946

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル