このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
The Bar at the Crossing

The Bar at the Crossing

A 長編映画 by Alain Levent

Produced by Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

Release in France : 23/08/1972

    あらすじ

    Vincent Van Horst (Jacques Brel) is a hard-drinking man who loves his freedom and his women. In 1916, he leaves Europe, and moves to Canada, intending to meet up with Maria, the only woman he ever loved. On the way to Canada, he meets a young boy who dreams about ghting in the European war. When Vincent arrives at the Bar de la fourche, managed by Maria, he finds her looking older and he finds consolation in another woman, Annie (Isabelle Huppert).

     

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

    フランス国内配給 :

    Les Films Imperia

    Film exports/foreign sales :

    SND Groupe M6

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (17)

    Assistant directors :

    Georges Birtchansky, Bernard Bolzinger

    せりふ作者 :

    François Boyer

    エグゼクティブプロデューサー :

    Georges de Beauregard

    フォトディレクター :

    Emmanuel Machuel

    製作部長 :

    Roger Scipion

    編集アシスタント :

    Catherine Dubeau

    装飾 :

    Michel de Broin

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1972

    フランス公開 :

    23/08/1972

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    39275

    ビザ発行日 :

    10/07/1972

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Berlin International Film Festival - 1972

    Berlin International Film Festival (ドイツ, 1972)

    Selection

    Official Competition