このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
彼女たちの舞台

彼女たちの舞台

A 長編映画 by Jacques Rivette

Produced by Pierre Grise Productions

Release in France : 08/02/1989

    あらすじ

    コンスタンス・デュマ(ビュル・オジェ)の演劇学校に通う4人の若い女性、アンナ(フェイリア・ドゥリバ)、クロード(ローレンス・コート)、ジョ イス(ベルナデット・ジロー)、ルシア(イネス・ディ・メディロス)はパリ郊外の屋敷で一緒に暮らしている。ある日のこと、アンナは展覧会の帰りに2人の 男に襲われ、見知らぬ男に救われる。その男は彼女を送る道すがら、同じ演劇学校の生徒であるセシル(ナタリー・リシャール)が恋人のことで危険な目に会い かかっていると告げる。セシルはルシアと入れ替わりに恋人の家に移っていったばかりなのだった。不審に思ったアンナが尋ねてみると、ジョイスもその男から 同じ事を聞いたと言う。一方学校ではマリヴォーの『二重の不実』の稽古が続いているが、どうもセシルは何かを隠しているらしく様子がおかしい。また、例の 男が相変わらず屋敷のまわりをうろつきまわり、何かを探すためか彼女たち一人一人を誘惑し始めたこともあって、深まるなぞの中でしだいに4人は疑心暗鬼に 陥ってゆく。やがて殺人容疑で逮捕されたアントワーヌ・リュカという男がセシルの恋人で、4人のまわりをうろついていたのは実は司法警官のトマ(ブノワ・ レジャン)という男であり、その目的はリュカがセシルに渡した重要書類の入った金庫の鍵であったことが判明する。リュカは脱走し、セシルも姿を消すが、鍵 はまだ屋敷の中に隠されているらしい。それを見つけ逃げ出そうとしたトマをジョイスは何かに憑かれたように殴り殺してしまう。翌日、稽古場に刑事がやって きてコンスタンスを連行していく。彼女までが事件に加担していて、リュカとセシルをかくまっていたのだった。残された生徒たちはそれでも芝居を続ける。か えって深まりゆく謎の不安を打ち消すかのように。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Pierre Grise Productions

    Film exports/foreign sales :

    Celluloid Dreams

    Co-productions :

    Limbo Film, Arte France Cinéma

    フランス国内配給 :

    Les Films du Losange

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    パリで共同生活を営む4人の演劇学校の女生徒が、ミステリアスな事件に巻き込まれてそれぞれの内面の葛藤を顕わにしてゆく。仏ヌーヴェル・ヴァーグ の先駆者とされながら長らく日本に紹介されなかった、「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督の本邦初公開作。脚本はリヴェットとパスカル・ボニ ツェール、クリスティーヌ・ローランの共同、撮影は「恋する女」のカロリーヌ・シャンペティエが担当。出演はビュル・オジェ、ブノワ・レジャンほか。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant director :

    Lorraine Groleau

    Screenwriters :

    Jacques Rivette, Pascal Bonitzer, Christine Laurent

    Director of photography :

    Caroline Champetier

    製作部長 :

    Christian Lambert

    Assistant editor :

    Maguelone Pouget

    美術装飾 :

    Emmanuel de Chauvigny

    スチールマン :

    Denis Darzacq, Hermine Karagheuz

    Producer :

    Martine Marignac

    共同製作 :

    Luciano Gloor

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Philippe Bouyer, Catherine Strem

    Editor :

    Catherine Quesemand

    スクリプト :

    Lydie Mahias

    Costume designer :

    Laurence Struz

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    テーマ :

    友情, 演劇

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, スイス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, スイス)

    製作年 :

    1988

    フランス公開 :

    08/02/1989

    上映時間 :

    2 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    66937

    ビザ発行日 :

    10/01/1989

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Berlin International Film Festival - 1989

    Berlin International Film Festival (ドイツ, 1989)

    Selection

    Official Competition

    受賞

    Berlin International Film Festival - 1989

    Berlin International Film Festival (ドイツ, 1989)

    賞 (2)

    国際批評家連盟(フィプレシ)賞