このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
小間使の日記

小間使の日記

A 長編映画 by Luis Bunuel

Produced by Ciné Alliance, Speva Films, Filmsonor Marceau

Release in France : 04/03/1964

    あらすじ

    セレスチーヌ(ジャンヌ・モロー)はパリで侯爵夫人邸の小間使いをしていたが、都会が嫌になり田舎町のモンテイユ ウ家に奉公した。そこは家つき娘の夫人が実権を握り、夫(ミシェル・ピッコリ)は狩猟と女漁りの好きな田舎紳士、夫人の父親も婦人靴を異常に愛する癖があ り、下男のジョゼフ(ジョルジュ・ジェレ)も変った性格の持ち主だった。セレスチーヌは老人の身の廻りの世話をすることになったが、早くもモンテイユウ氏 が淫らな目を向けはじめ、老人も夜毎彼女に靴をはかせて楽しんでいた。隣家には退役大尉、モージェ氏が住んでいたが、両家の仲は大変悪い。ある日老人が急 死、その日から近くに住む少女が行方不明になった。セレスチーヌは二つの出来事のために、パリへ帰ろうと決心した。駅で、警官らの話をなにげなく聞いた彼 女は決心をかえてモンテイユウ家に引きかえした。犯行後六日目で死体が発見されたのだが、現場をジョセフが通っている。犯人は彼かもしれない、そう思った のだ。彼女は証拠を握ろうと彼の部屋に忍びこみ、血のついたシャツを発見した。裁判所で話そうとしたが多忙な判事は会ってくれない。この上は彼自身に犯行 を認めさせよう。そのためには彼と肉体的に結ばれれば、そう考えて彼のベッドに行った。婚約までして、彼女は自白させることに成功、ジョゼフは逮捕され た。彼女に惹かれていたモージェは結婚を申しこんできた。大尉夫人としての生活は小間使いのセレスチーヌにとっては魅力。教会で式をあげた日、彼女はジョ ゼフが証拠不十分で釈放になったのを知った。何ヵ月か後、ジョゼフは別の女と結婚、セレスチーヌは大尉夫人として新しい生活を楽しんでいた。しかし、心の 底ではこの単調な生活にも、失望を感じていた。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch 小間使の日記 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (24)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Ciné Alliance, Speva Films, Filmsonor Marceau

    フランス国内配給 :

    Cocinor

    海外製作作品 :

    Dear Film

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (6)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (3)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Michel Safra, Serge Silberman

    Adaptation :

    Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    原作者 :

    Octave Mirbeau

    フォトディレクター :

    Roger Fellous

    撮影技師アシスタント :

    René Schneider

    Production managers :

    Henri Baum, Ully Pickardt

    Assistant editor :

    Arlette Lalande

    装飾 :

    Georges Wakhevitch

    スチールマン :

    Jean-Louis Castelli

    Assistant directors :

    Juan Luis Buñuel, Pierre Lary

    Dialogue Writers :

    Luis Bunuel, Jean-Claude Carrière

    録音技師 :

    Antoine Petitjean

    音声アシスタント :

    Robert Cambourakis

    撮影技師 :

    Adolphe Charlet

    Editors :

    Luis Bunuel, Louisette Hautecoeur

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    Costume designer :

    Georges Wakhevitch

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 人生ドラマ

    テーマ :

    情愛, 性行為

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス (80.0%), イタリア (20.0%)

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1964

    フランス公開 :

    04/03/1964

    上映時間 :

    1 時間 33 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    27516

    ビザ発行日 :

    02/03/1964

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (8)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション

    Shanghai - International Film Festival - 2018

    Shanghai - International Film Festival (中国, 2018)

    Selection

    Tribute to Masters: Luis Buñuel