このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
蝶採り

蝶採り

A 長編映画 by Otar Iosseliani

Produced by Pierre Grise Productions

Release in France : 04/11/1992

    あらすじ

    フ ランス郊外の古い城館に、持ち主であるマリ=アニエス・ド・バイオネット(タマーラ・タラサシヴィリ)と彼女のいとこ(ナルダ・ブランシェ)が召使と共に 住んでいる。車椅子に乗っているマリ=アニエスは城内でピストル射撃を、いとこは町のオーケストラに参加したり、弓を使って池で魚を獲ったり、屋外でゲー ムを楽しんだりと、二人はそれぞれのんびりと日々の暮らしをエンジョイしている。彼女たちのお隣さんは公証人アンリ・ド・ランパデール(アレクサンドル・ チェルカソフ)。現在、彼の館には、大金持ちのマハラジャ(サシャ・ピアティゴルスキ)が滞在している。アンリは、老婦人たちの城館を日本企業に売却斡旋 しようとたくらんでいるが、マリ=アニエスのいとこはかたくなにこれを拒否。ところがそんなある日、城館に亡き将官(オタール・イオセリアーニ)の霊が現 れマリ=アニエスが急死してしまった。葬式に合わせてロシアからマリ=アニエスの妹エレーヌとその家族もやってくる。遺族が揃ったところで公証人アンリの 口からマリ=アニエスの遺言が発表される。その内容は「遺産はすべて妹のエレーヌに」というものだった。葬儀が終わり、マリ=アニエスのいとこの老婦人は マハラジャと一緒に旅に出る。しかし彼らが乗った汽車はテロリストによって爆破されてしまい、彼らはあっけなく死んでしまう。二人の老婦人の亡き後、城館 は日本企業に売却された。

    Watch 蝶採り in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Pierre Grise Productions

    Foreign production companies :

    Best international films, Metropolis Filmproduktion

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    Co-productions :

    Sodaperaga, France 3 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Celluloid Dreams

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (10)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Martine Marignac

    アソシエートプロデューサー :

    Maurice Tinchant

    シナリオライター :

    Otar Iosseliani

    フォトディレクター :

    William Lubtchansky

    製作部長 :

    Pierre Wallon

    Editors :

    Otar Iosseliani, Nathalie Alquier, Ursula West, Jocelyne Ruiz

    スクリプト :

    Lydie Mahias

    Art directors :

    Hervé Lasseron, Léonard Vindry

    Costume designer :

    Charlotte David

    Foreign producers :

    Luciano Gloor, Ettore Rosboch

    Sound recordists :

    Holger Gimpel, Alix Comte, Gérard Lamps, Axel Arft

    Co-producers :

    Luciano Gloor, Pierre-André Boutang, Guy Seligmann

    撮影技師アシスタント :

    Nicolas Eprendre

    報道担当(映画) :

    Laurence Granec

    Sound editors :

    Pascale Aubaret, Anne-Marie L'Hôte

    装飾 :

    Manu de Chauvigny

    作曲家 :

    Nicolas Zourabichvili

    サウンド・ミキサー :

    Gérard Lamps

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (ドイツ, イタリア, フランス)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    04/11/1992

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    77740

    ビザ発行日 :

    16/09/1992

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    受賞