このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛を弾く女 - Poster France

愛を弾く女

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by F Comme Film, Ciné@

Release in France : 02/09/1992

    あらすじ

    美貌の新進ヴァイオリン奏者カミーユ(エマニュエル・ベアール)は、パリのレストランで二人の男性に出会う。一人は自分の愛人で楽器工房経営者のマ クシム(アンドレ・デュソリエ)、もう一人はマクシムとコンビを組む楽器の“外科医"ステファン(ダニエル・オートゥイユ)だった。音に関して天才的な感 覚を持つステファンは、カミーユの持ち込んだヴァイオリンの魂柱をわずかに細工して彼女の望み通りの音を作り驚かせる。カミーユは自分に注がれるステファ ンの強い視線を意識し、マクシムとでは味わえない高揚感を与えられるようになった。カミーユはマクシムに別れを告げ、ステファンに愛を告白するが、彼は 「君のことを愛してはいない……」と言う。傷心のカミーユは演奏旅行に旅立ち、マクシムとステファンの友情は壊れ、二人は工房を別にするようになった。八 か月半の後、三人は再会した。マクシムとカミーユは再び一緒に暮らすようになっていた。苦しみを乗り越えたカミーユは前にも増して美しくなり、音楽家とし ても成長していた。カミーユはステファンと言葉を交わし、視線を交わしながら、あの苦しみが自分の人生と音楽を大きく成長させたことを知るのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (3)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (17)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    新進女性ヴァイオリン奏者と、彼女をめぐる二人の男との恋を描く恋愛ドラマ。監督・脚本は「僕と一緒に幾日か」のクロード・ソーテ。エグゼクティ ヴ・プロデューサーは「さよならモンペール」のジャン・ルイ・リヴィとフィリップ・カルカソンヌ。共同脚本は「僕と一緒に幾日か」のジャック・フィスキ。 撮影は「伴奏者」のイヴ・アンジェロ。音楽はモーリス・ラヴェルの『ピアノ三重奏曲』と『ソナタ』を全編に使用した。音楽監督は「ラ・ピラート」のフィ リップ・サルドが担当。主演は「美しき諍い女」のエマニュエル・ベアール、「ロミュアルドとジュリエット」のダニエル・オートゥイユ、「メロ」のアンド レ・デュソリエ。一九九二年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞、国際批評家連盟賞、九三年セザール賞監督賞、助演男優賞、九三年フランス・メリエス賞最優秀作 品賞受賞。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    Jean-Louis Livi, Philippe Carcassonne

    Screenwriters :

    Claude Sautet, Jacques Fieschi, Jérôme Tonnerre

    フォトディレクター :

    Yves Angelo

    音声アシスタント :

    Denis Carquin

    報道担当(映画) :

    Claude Davy

    Sound editor :

    Marie-Thérèse Boiche

    スクリプト :

    Geneviève Cortier

    作曲家 :

    Maurice Ravel, Philippe Sarde

    キャスティング :

    Pascale Béraud

    映画輸出業者 :

    Raphaël Berdugo

    スチールマン :

    Benoît Barbier

    Assistant directors :

    Natalie Engelstein, Nils Hoffet, Frédéric Jardin, Yvon Rouve

    共同製作 :

    Raphaël Berdugo

    録音技師 :

    Pierre Lenoir

    製作部長 :

    Gérard Gaultier

    Editor :

    Jacqueline Thiedot

    Assistant editors :

    Christine Grenet, Dorian Rigal-Ansous

    装飾 :

    Christian Marti

    Foley artist :

    Jérôme Lévy

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Paul Loublier

    演出助手 :

    Francis Barrois

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    02/09/1992

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    77978

    ビザ発行日 :

    22/07/1992

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (4)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    Selection (9)

    Best Sound : Pierre Lenoir, Jean-Paul Loublier

    Best Cinematography : Yves Angelo

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Jacques Fieschi, Claude Sautet

    Best Director : Claude Sautet

    Best Supporting Actress : Brigitte Catillon

    Best Supporting Actor : André Dussollier

    Best Actress : エマニュエル べアール

    Best Actor : Daniel Auteuil

    Best Film

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1992

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1992)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞 (3)

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    賞 (2)

    César Award for Best Director : Claude Sautet

    César Award for Best Supporting Actor : André Dussollier

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1992

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1992)

    賞 (4)

    パシネッティ賞 : エマニュエル べアール

    フィプレシ賞

    Special Golden Ciak

    Silver Lion for Best Director

    French Syndicate of Cinema Critics - 1992

    French Syndicate of Cinema Critics (1992)

    French Syndicate of Cinema Critics Price