このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Ronit Elkabetz
media - © Pierre-Emmanuel Rastoin

Ronit Elkabetz

27 11月 1964 - 19 4月 2016

俳優, Director, Screenwriter, あてレコ

    プロフィール

    Ronit Elkabetzはモロッコ出身、母親は美容師、父親はイスラエル郵便のファイナンスシャル、彼女は最初スタイリストを学ぶ。25歳でDaniel Wachsmann監督の「Le Prédestiné」のオーでションを受ける、演技レッスンを受けた事も無いが主役に抜擢。難しい役でも頑張り屋で、Giddi Dar監督の実験映画「Eddie King」で麻薬中毒の役、Shmuel Hasfari監督のSh'churで精神薄弱の役を演じる。2004年"私は美しい女性役に興味はない、難しい事、汚い事、かゆみを感じるような、血が 流れるような事に興味がある”と新聞Le Mondeで語る。

    イスラエル人で有名な俳優の一人となり、1997年Ronit Elkabetzは国を出る事を決意しパリで暮らす。Ariane Mnouchkineの劇団Théâtre du Soleilにしばらくの間入り、振り付けMartha Grahamの人生を表現する作品で出演し有名になる、「Origine contrôlée」では女装する男の役を演じる。俳優として自国の重要な役を続ける:「Mariage tardif」では離婚した母親で情熱的な愛人役を演じ、「Mon trésor」で未熟な娼婦役この映画はカンヌ映画祭2004カメラ金賞(Caméra d'Or)受賞、「Visite de la fanfare」で心の広いカフェ経営者役この映画は2007年後半驚くほど評判を呼ぶ。

    1997年と同様にHaim Bouzaglo監督の「La Cicatrice」を一緒に製作、2004年は弟のShlomiと共に監督として「Prendre femme」製作。この映画は両親からのインスピレーションを受け夫婦のドラマ映画で、自由になりたい女性Viviane役で自作自演。2作目続編 「Les Sept jours」は家族問題を取り上げ兄弟の関係を中心に描き、2008年カンヌ映画祭の批評家週間のオープニングを飾る。

    2009 年André Téchiné監督の「La Fille du RER」に出演後、ドラマティックなジャンルを継続し、同年Fanny Ardant監督の「Cendres et sang」に出演。イスラエルのKeren Yedaya監督と再会し「Jaffa」で出演、この映画では恋は不可能というテーマ。翌年「Tête de Turc」では頑固でプライドの高い母親役を演じ、この映画はPascal Elbé監督により郊外の問題を取り上げる。Brigitte Sy監督の「Les Mains libres」と同様に彼女も主張の強い映画を選ぶ事を続ける、その映画の中で彼女の役は刑務所に入っている男に恋をし法律違反をする監督の役。

    Filmography (17)

    Videos (2)

    28/11/2014

    On track for the Berlin French Film Week

    Official trailer : Semaine du Cinéma Français de Berlin

    19/09/2014

    French films at the San Sebastian Film Festival

    San Sebastian 2014 - Trailer Unifrance

    ポートレート (6)