このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
フランスの女

フランスの女

A 長編映画 by Régis Wargnier

Produced by UGC Images

Release in France : 15/03/1995

    あらすじ

    39 年、フランスのナンシー。ジャンヌ(エマニュエル・ベアール)は軍人のルイ(ダニエル・オートゥイユ)と結婚したが、幸せも束の間、結婚後わずか2ヵ月 で、ルイは第2次大戦に出征した。ジャンヌは姉エレーヌ(ローランス・マスリア)とともに帰還兵の面倒を見ながら、夫の帰りを待ち続ける。そんな彼女の前 に、捕虜収容所でルイと一緒だったと言う帰還兵のアンリ(ガブリエル・バリリ)が現れ、やがて2人は深い仲になる。戦争が終わり、ルイが帰ってきた。ジャ ンヌは彼女を愛するルイの言葉に自分の愚かさを知り、夫婦は再び愛を確かめ合った。その後、ジャンヌは双子の男女を産むが、もしやアンリの子では……と疑 う周囲の目を避けるため、2人はこの地を離れることを決意。46年、戦後間もないベルリンで、彼らの新生活がスタートし、3人目の子供も誕生した。そんな 時、大家の息子マチアスがジャンヌに積極的に求愛するが、今の幸せを壊したくないと願う彼女は彼の愛を拒んだ。だが、彼らの平和な愛の暮らしは、4年後の ルイのインドシナ赴任によってもろくも崩れる。子供たちとナンシーに帰ることになったジャンヌの前にマチアスが現れた。今まで抑えていた感情が爆発し、2 人は激しく求め合う。マチアスにのめり込む彼女に、エレーヌと夫のマルク(ジャン・ノエル・ブルテ)がいさめる。2年後、ルイがやっと帰国した。男の影に 気づいた彼は妻を問いただすが、彼女の気持ちを聞き入れ、外交官として家族ともどもシリアに赴任する。3ヶ月後、アパメの遺跡でジャンヌは、現れたマチア スに殴りかかろうとするルイに石を降り下ろし、重症を負わせる。ルイは心にも深い傷を負うが決して離婚しようとせず、やがて妻子をパリに残し、再びインド シナに赴任した。ジャンヌは負い目を感じながらもズルズルとマチアスとの関係を続けるが、疲れ切った彼の方が身を退いた。ルイの一家に平和が戻ったかに見 えた。10年後、ジャンヌは突如、帰らぬ人となる。ルイは遺品の中に、ある新聞記事を見つける。それは、実業家として成功したマチアスの死亡記事だった。 彼女はやはり、彼のことを片時も忘れたことはなかったのだ。

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    UGC Images

    Foreign production companies :

    Studio Babelsberg, Recorded Picture Company

    フランス国内配給 :

    Fox France

    Co-productions :

    TF1 Films Production, D.A. FILMS

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (27)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    "I like to relate the passing of time, its effects on people and the role it plays in their lives. I realize that all my films have been marked by time. There were the 24 hours in "La Femme de ma vie" that marked the renaissance of Simon-Malavoy. The season played an important role in "Le Seigneur du château" since the story was placed within a precise temporal setting, starting with the summer and ending with the last days of the season. As for "Indochine", it was a tale of past time and times to come. Time again plays an important part in "A French Woman"."
    (Régis Wargnier)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Yves Marmion

    シナリオライター :

    Régis Wargnier

    フォトディレクター :

    François Catonné

    音声アシスタント :

    Olivier Burgaud

    報道担当(映画) :

    Isabelle Sauvanon

    スクリプト :

    Francine Cathelain

    作曲家 :

    Patrick Doyle

    Costume designer :

    Jacques Fonteray

    演出助手 :

    Arnaud Dupont

    エグゼクティブプロデューサー :

    Ingrid Windisch, Gérard Crosnier

    海外プロデューサー :

    Volker Schlöndorff

    Sound recordists :

    Guillaume Sciama, Pierre Martens

    撮影技師 :

    Berto

    Editors :

    Geneviève Winding, Agnès Schwab

    装飾 :

    Jacques Bufnoir

    キャスティング :

    Francine Cathelain

    スチールマン :

    Jean-Marie Leroy

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人物描写, 戦争

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イギリス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イギリス, ドイツ)

    製作年 :

    1994

    フランス公開 :

    15/03/1995

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    81.576

    ビザ発行日 :

    01/03/1995

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85