このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
快楽

快楽

A 長編映画 by Max Ophuls

Produced by Compagnie Commerciale Française Cinématographique (CCFC)

Release in France : 29/02/1952

    あらすじ

    〔第一話・仮面の男〕ある仮面舞踏会で、美男の青年の面をつけていた老人が卒倒した。医者(C・ドーファン)が男 を家までとどけると、暗い家には妻(G・モルレイ)が夫の帰りを待ちわびているのだった。青春時代から女という女をあさりつくしたこの夫のために、妻はど のような苦しみをなめつづけて来たか。年老いた妻は、倒れた老夫を前に、医者につきぬ愚痴を話しつづける。しかしその口調には、一生を女好きの夫に捧げた 老婦の愛情が、医者にもかくせずあらわれていた。 〔第二話・メゾン・テリエ〕フェキャムの町の人々は、或晩町の娼家メゾン・テリエが締っているので驚いた。女将(M・ルノー)が弟の娘で彼女が名付親に なっている少女の初聖礼拝受式に、家の女達を連れて出かけてしまったのだった。村の教会では突然の美しい女達の出現に、素朴な村人達は都会の貴婦人が参列 したのかと驚いた。式が始まり、清楚な少女の姿を見た娼婦達は、過ぎし日を思い起して思わず泣き出してしまった。教会は、異様な感動につつまれた。村人 は、都の貴婦人すら泣かせたこの式の感激をいつまでも忘れなかったし、娼婦達は思い出に花を摘んでメゾン・テリエに帰って行った。 〔第三話・モデル〕無名の画家ジャン(D・ジェラン)は、偶然モデル女ジョゼフィーヌ(S・シモン)を使って立派な画を完成したことから、一躍流行児と なった。二人はいつしか画家とモデルの関係を越え、やがてジャンは彼女に飽きはじめた。家出したジャンを探し歩いたジョゼフィーヌは、ある友人の家にいる 彼をみつけた。友人は、彼女をあきらめさせようと、ジャンは結婚するのだと話した。ジョゼフィーヌは死ぬと脅したがジャンはむろん信じなかった。女は窓か ら飛下り、死にきれずに両足を折った。数年後、或る海岸に、車付きの椅子に乗ったジョゼフィーヌを押して行くジャンの姿がみられた。それを見た嘗ての友人 は連れに秘々と語った。恋は必ずしも明るいものではない、と。

    Source : movie.walkerplus.com

    Watch 快楽 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (44)

    映画製作・配給会社 (3)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Edouard Harispuru

    せりふ作者 :

    Jacques Natanson

    Sound recordists :

    Jean Rieul, Pierre Calvet

    Directors of Photography :

    Christian Matras, Philippe Agostini

    Camera operators :

    Alain Douarinou, Jean Lallier, Walter Wottitz

    Assistant editor :

    Suzanne Rondeau

    装飾 :

    Jean D'eaubonne

    Costume designer :

    Georges Annenkov

    演出助手 :

    Hugo Benedek

    Assistant directors :

    Tony Aboyantz, Jean Valere

    原作者 :

    Guy de Maupassant

    Screenwriters :

    Jacques Natanson, Max Ophuls

    音声アシスタント :

    Marcel Corvaisier

    製作部長 :

    Ralph Baum

    スクリプト :

    Paule Converset

    作曲家 :

    Joe Hajos

    スチールマン :

    Roger Forster

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー, 文学作品翻案

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス (100.0%)

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    29/02/1952

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11464

    ビザ発行日 :

    08/02/1952

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督

    映画祭でのセレクション (3)

    Febiofest - 2020

    Febiofest (チェコ共和国, 2020)

    Selection

    Retrospective : Max Ophüls

    オスカー  - 1955

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1955)

    Selection

    Oscar Nomination in the Best Art Direction in a Black & White Film category : Max Ophuls