このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
ギャルソン

ギャルソン

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by Sara Films, Renn Productions

Release in France : 09/11/1983

    あらすじ

    パリのとあるブラッスリー。そこでチーフ・ウェイターとして働くギャルソン(給仕係)、アレックス(イヴ・モンタン)は、海辺のリゾート地に子供た ちのための遊園地を作るのを将来の目的として、日夜はげんでいる独身の中年男だ。しかし、資金作りのために働いても働いても、金は思うようには集まらな い。彼の勤めるブラッスリーははやっていて、手際よく給仕をしなくてはいけないがアレックスの優雅な動きは評判だ。彼には資金作りの頼りでもある、グロリ ア(ロージー・ヴァルト)という金持ちのミセスのパトロンがいる。アレックスの心をつなぎとめようとグロリアの方は必死だが、彼の方は逃げ腰だ。アレック スは、同僚のギャルソン、ジルベール(ジャック・ヴィルレ)をアパートに泊めてあげている。妻と離婚話が進んでいるためだが、温厚なジルベールをアレック スは好きだった。ある日彼は、バッタリ昔の恋人クレール(ニコール・ガルシア)と再会、再び熱くなるアレックス。既婚しているクレールはしかし夫とはうま くいっておらず離婚するつもりだという。彼女もやがてアレックスのアパートにやってくるが、本当に愛しているのは今はアフリカに行っている青年だと、彼女 の口から聞いてショックを受けるアレックス。ブラッスリーの鬼シェフ、フランシス(ベルナール・フレッソン)の相変わらずのどなり声を聞きながらいつもの ギャルソン生活をするアレックス。一方、遊園地の計画は着々と進んでいた。しかし、どたん場で10万フランが必要となり頭をかかえる。が、グロリアをうま く利用してなんとか無事きりぬける。ジルベールの離婚が成立した。そのころ、クレールがさよならを言いにきた。恋人の許へ行くという。やがて、夏がやって きた。アレックスの念願の遊園地開きが行なわれるのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch ギャルソン in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (33)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Sara Films, Renn Productions

    フランス国内配給 :

    AMLF

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    パリのレストランを舞台に、そこに働くギャルソンたちの日常を描く。製作はアラン・サルド、監督は「夕なぎ」のクロード・ソーテ、脚本はソーテと台 詞も兼ねるジャン・ルー・ダバディ、撮影はジャン・ボフティ、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はイヴ・モンタン、ニコール・ガルシアほか。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (19)

    Assistant directors :

    Yvon Rouve, Daniel Deleforges, Jacques Santi

    録音技師 :

    Pierre Lenoir

    Screenwriters :

    Claude Sautet, Jean-Loup Dabadie

    音声アシスタント :

    Denis Carquin

    Editor :

    Jacqueline Thiedot

    Assistant editor :

    Juliette Welfling

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    キャスティング :

    Dominique Besnehard

    Costume designer :

    Olga Pelletier

    演出助手 :

    Claude Albouze

    Producers :

    Claude Berri, Alain Sarde

    エグゼクティブプロデューサー :

    Antoine Gannagé

    フォトディレクター :

    Jean Boffety

    撮影技師アシスタント :

    Michel Deloire, Laurent Machuel, Christian Vivier, Pierre Boffety

    Sound editor :

    Marie-Thérèse Boiche

    スクリプト :

    Geneviève Cortier

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    美術装飾 :

    Dominique André

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Maumont

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理劇

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1983

    フランス公開 :

    09/11/1983

    上映時間 :

    1 時間 42 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    55110

    ビザ発行日 :

    26/10/1983

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル