このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

La Porte qui claque

A 短編映画 by Clarisse Bagoe-Dubosq

Produced by Bagoé Productions

製作年 : 1997

    あらすじ

    A West Indian family living in Paris gathers every sunday around the traditional dish prepared by Louise, the mother, surrounded by the affection of her daughters, son and nephews. But, to her great despair, the chair reserved for Alphonse, her husband, remains empty like every sunday since this is the day he chooses to flee his family...

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Bagoé Productions

    共同製作 :

    Ka Libre Productions

    クレジットタイトル詳細 (6)

    製作代表 :

    Olivier Dubosq

    フォトディレクター :

    Pierre-Yves Bastard

    Editor :

    Marie Lecoeur

    Screenwriter :

    Clarisse Bagoe-Dubosq

    録音技師 :

    Paulin Sagna

    作曲家 :

    Michel Godzom, Kali

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1997

    上映時間 :

    6 分 30 秒

    ニュメロ·デ Visa :

    91.798

    ビザ発行日 :

    21/10/1997

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    ステレオ

    禁止 :

    なし