このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
パリ、テキサス

パリ、テキサス

A 長編映画 by Wim Wenders

Produced by Argos Films

Release in France : 19/09/1984

    あらすじ

    砂漠を一人の男がさまよっている。汚れた放浪者のようなその男は、砂漠の中のガソリンスタンドで氷を口にし、そこでついに倒れてしまう。その男、ト ラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)はどこから来て、どこへ行こうとしていたのか。なぜ何もしゃべらないのか。搬送された先の病院の医師(ベルンハ ルト・ヴィッキ)は身分証明書も持たない男の所持品であった1枚の名刺に書かれた先に電話した。弟だった。トラヴィスは4年前に失踪していたのだった。

    彼を迎えに来た弟ウォルト(ディーン・ストックウェル)とカリフォルニア州ロサンゼルスへ行く途中、やっと口にした言葉は「パリ」だった。フランスの首都パリと同じ名を持つテキサス州パリス、その地こそ彼が帰ろうとしていた場所であり、他の人間と違う彼がすべてに絶望した末に行くべき場所だった。

    ロサンゼルスで再会した息子・ハンター(ハンター・カーソン)は7歳に成長していた。しばらくウォルトらの家に居候するトラヴィス。ある日、彼はウォルトの妻で義理の妹に当たるアン(オーロール・クレマン)から、ヒューストンにいる妻のジェーン(ナスターシャ・キンスキー)からハンター宛に送金があることを教えられる。中古車を買い、ヒューストンへジェーンを捜しに行くというトラヴィスに、ハンターはいっしょに行きたいと頼む。二人は妻(母)を探す旅に出る。

    ヒューストンの銀行からジェーンらしい女が赤い自動車で立ち去る。追いかけるトラヴィスの車。女はある建物に入る。そこはマジックミラーで仕切られ た個室で男性客側からしか女を観ることのできないピープ・ショウのクラブであった。翌日、トラヴィスはハンターをホテルに残し、そのクラブを客として訪 れ、ジェーンに会う。これまでのすべてを語るジェーン、現実を受け止めるトラヴィス。ハンターのいるホテルのルームナンバーを告げてトラヴィスは去る。 ジェーンがハンターと再会するところを見守ったトラヴィスは車で立ち去り、夜の闇に消えていく。

    Source : Wikipedia

    Watch パリ、テキサス in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Argos Films

    Film exports/foreign sales :

    Wim Wenders Stiftung

    Foreign production companies :

    Road Movies Filmproduktion, Westdeutscher Rundfunk - WDR

    フランス国内配給 :

    Argos Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (15)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Anatole Dauman

    Associate producer :

    Pascale Dauman

    フォトディレクター :

    Robby Muller

    編集担当 :

    Peter Przygodda

    作曲家 :

    Ry Cooder

    Assistant director :

    Claire Denis

    シナリオライター :

    Sam Shepard

    撮影技師アシスタント :

    Agnès Godard

    音声編集担当 :

    Dominique Auvray

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Paul Mugel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    彷徨

    言語 :

    英語

    出身 :

    ドイツ (80.0%), フランス (20.0%)

    Original French-language productions :

    いいえ

    製作国 :

    ごく一部フランス (ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1984

    フランス公開 :

    19/09/1984

    上映時間 :

    2 時間 27 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    57747

    ビザ発行日 :

    19/06/1984

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (11)

    監督

    映画祭でのセレクション (7)

    受賞

    Cannes International Film Festival - 1984

    Cannes International Film Festival (フランス, 1984)

    賞 (2)

    Palme d’Or

    FIPRESCI Award