このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
輪舞

輪舞

A 長編映画 by Max Ophuls

Produced by Films Sacha Gordine

Release in France : 27/09/1950

    あらすじ

    一 九〇〇年のウィーン。狂言まわし(A・ウォルブルック)の解説によって、恋の輪舞が語られる。売笑婦(S・シニョレ)は兵隊(S・レジャニ)を恋してい る。彼を強引に誘惑しようとするが、逃出した兵隊は可憐な小間使い(S・シモン)をだましてたやすく純潔をうばってしまう。小間使いの若主人(D・ジェラ ン)はドン・ファンを気取る小説狂で先ず彼女を恋愛術の小手試しにした上、上流の人妻(D・ダリュウ)の処へ出かけ、苦心の末やっと獲得する。この人妻の 夫(F・グラヴェ)は妻がめきめき美しくなって来たので有頂天だが、彼にも売子(O・ジョアイユー)という相手がある。このおぼこの売子にも、後を追う男 は沢山いる。その中でも一番面白いのは自惚れ屋の詩人(J・L・バロオ)だ。しかし詩人の本当に目指す相手は情熱的な女優(I・ミランダ)であった。彼女 はすべてを知りつくしながら情にもろい。この彼女をとりまく男のうち、最も彼女をのぼせさせたのは若い金持の伯爵士官(J・フィリップ)である。彼は女優 に連れられて一晩中遊びまわりそして彼が目を覚したのは、以前彼の部下が抱いた売笑婦の部屋だった。彼は彼女を純潔の天使だと思いこんだ。

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Films Sacha Gordine

    フランス国内配給 :

    Jeannic Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (13)

    Assistant directors :

    Tony Aboyantz, Paul Feyder

    せりふ作者 :

    Jacques Natanson

    フォトディレクター :

    Christian Matras

    撮影技師アシスタント :

    Ernest Bourreaud

    製作部長 :

    Ralph Baum

    スクリプト :

    Lucie Lichtig

    スチールマン :

    Sam Levin

    Adapters/dialogue writers :

    Jacques Natanson, Max Ophuls

    原作者 :

    Arthur Schnitzler

    録音技師 :

    Pierre Calvet

    撮影技師 :

    Alain Douarinou

    Editors :

    Léonide Azar, Suzanne Rondeau

    装飾 :

    Georges Annenkov

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1950

    フランス公開 :

    27/09/1950

    上映時間 :

    1 時間 37 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    9870

    ビザ発行日 :

    04/12/1989

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (3)

    Istanbul Film Festival - 2000

    Istanbul Film Festival (トルコ, 2000)

    Selection

    2000:AT THE GILDEN FIFTIES

    オスカー  - 1952

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1952)

    Selection (2)

    Nomination for Best Original Screenplay : Jacques Natanson, Max Ophuls

    Oscar Nomination in the Best Art Direction in a Black & White Film category : Jean D'eaubonne

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1950

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1950)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1950

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1950)

    International Award - Best Actress