このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
 Golem, the Spirit of Exile

Golem, the Spirit of Exile

A 長編映画 by Amos Gitaï

Produced by Agav Films

Release in France : 10/06/1992

    あらすじ

    An allegory of the Golem, a Jewish mythical creature personifying displacement and exile, this film tells the story of a woman (similar to the biblical Ruth) and her sisters, who are forced into exile after the death of their husbands. It is set in 1990s Paris, where the director was living in self-imposed exile following the ban on his 1982 documentary in Israel. The recurring theme of the film is migrations and unrooting, like the legendary Golem.

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Agav Films

    フランス国内配給 :

    Les Films du Losange

    Film exports/foreign sales :

    Les Films du Losange

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (12)

    Assistant directors :

    Thierry Lasheras, Christophe Vallée

    フォトディレクター :

    Henri Alekan

    撮影技師 :

    Luc Drion

    Editor :

    Anna Ruiz

    作曲家 :

    Marcus Stockhausen, Simon Stockhausen

    Costume designer :

    Marie Vernoux

    シナリオライター :

    Amos Gitaï

    録音技師 :

    Antoine Bonfanti

    報道担当(映画) :

    Claude Davy

    Production Designers :

    François Decaux, Thierry François

    キャスティング :

    Cécile Zervudacki

    サウンド・ミキサー :

    William Flageollet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1991

    フランス公開 :

    10/06/1992

    上映時間 :

    3 時間 13 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    76029

    ビザ発行日 :

    20/12/1991

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)