このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
王妃マルゴ

王妃マルゴ

A 長編映画 by Patrice Chéreau

Produced by Renn Productions

Release in France : 13/05/1994

    あらすじ

    16世紀末、野望と陰謀、近親相姦が渦巻くフランス宮廷。国王シャルル9世(ジャン・ユーグ・アングラード)がいるヴァロワ家の旧教徒であるカト リック側とブルボン家の新教徒プロテスタント側の内乱が起こっていた。国王シャルルは病弱で、母親であるカトリーヌ=デ=メディシス(ヴィルナ・リージ) に実権を握られていた。彼女には三人の息子の他に美しい娘マルゴ(イザベル・アジャーニ)がいた。マルゴは美貌と知性、気品を備えていて兄弟や気に入った 男たちを次々に誘惑していたが母の画策で新教徒勢力の指導者的存在であるナバール公アンリ(ダニエル・オートゥイユ)と結婚することになった。1572年 8月18日パリで結婚の儀が行われたがマルゴは初夜の日をアンリと過ごすことを拒否し深夜街角で出会った美青年と荒々しくセックスを交わす。青年は新教の 青年貴族ラ・モール伯爵(ヴァンサン・ペレーズ)であった。8月24日結婚の儀は惨劇の予兆と化しシャルル9世の一声で旧教徒の一団は老若男女問わず新教 徒と見ると殺していった。史上“バルテルミーの虐殺"といわれるこの惨事のさなか、ラ・モールは多くの死体とともに埋められそうになった瞬間に救われる。 惨事の後、カトリーヌは占いでアンリが後の国王になると知り、何度もアンリを暗殺しようと試みるがマルゴに助けられる。やがてマルゴはラ・モールと再び出 会うことができ、逢い引きを重ねるようになる。ある日カトリーヌは再びアンリを毒殺しようとするが手違いでそれは息子シャルル9世の手に渡ってしまう。毒 が全身にまわり血を吹き出しながら苦しむ国王はそれが自分の母の仕業だと知ると、その恐ろしい事実を隠蔽するためラ・モールと彼の友人ココナスを身代わり に犯人に仕立てあげる。マルゴは兄シャルル9世に慈悲を乞おうとするが無惨にも二人は処刑される。マルゴはラ・モールの切られた首を膝に乗せ、夫であるナ バール公のもとに向かうのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (43)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Renn Productions

    Foreign production companies :

    Nef Filmproduktion, Rcs, ARD/Degeto Film GMBH

    French distributors :

    Pathé Distribution, AMLF

    Co-productions :

    D.A. FILMS, France 2 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (32)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (27)

    製作代表 :

    Claude Berri

    Adapters/dialogue writers :

    Patrice Chéreau, Danièle Thompson

    原作者 :

    Alexandre Dumas

    フォトディレクター :

    Philippe Rousselot

    音声アシスタント :

    Olivier Burgaud

    Camera operators :

    Patrick Ranter (de), Marc Koninckx, Myriam Touzé

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall

    Sound editors :

    Sylvie Gadmer, Gérard Hardy, Corinne Rozenberg

    製作アシスタント :

    Carsten Meyer-grohbrugge

    Production Designers :

    Richard Peduzzi, Olivier Radot

    Foley artist :

    Pascal Chauvin

    キャスティング :

    Margot Capelier

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Hennequin

    Location manager :

    Catherine Pierrat

    Assistant directors :

    Dominique Furgé, Emmanuel Hamon, Jérôme Enrico

    Dialogue Writer :

    Danièle Thompson

    エグゼクティブプロデューサー :

    Pierre Grunstein

    Sound recordists :

    Guillaume Sciama, Dominique Hennequin

    撮影技師アシスタント :

    Francine Filatriau, Anne Nicolet, Dominique Delguste

    製作部長 :

    Jean-Claude Bourlat

    Editors :

    François Gédigier, Hélène Viard

    Assistant editors :

    Marie-Blanche Colonna, Xavier Loutreuil, Laure Mercier, Claire Sels

    スクリプト :

    Hélène Sebillotte

    作曲家 :

    Goran Bregovic

    Stunt performers :

    Jean-Louis Airola, Daniel Breton, Olivier Vitrant, Patrick Medioni, Pascal Guégan, Michel Carliez

    Costume designer :

    Moidele Bickel

    スチールマン :

    Luc Roux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 文学作品翻案, 歴史的

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ, イタリア)

    製作年 :

    1994

    フランス公開 :

    13/05/1994

    上映時間 :

    2 時間 39 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    82.676 et 82.677

    ビザ発行日 :

    13/01/1995

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSR

    Posters (1)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (8)

    オスカー  - 1995

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1995)

    Selection

    Nomination for Best Costume Design : Moidele Bickel

    セザール賞(フランス映画) - 1995

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1995)

    Selection (12)

    Best Costume Design : Moidele Bickel

    Best Production Design : Richard Peduzzi, Olivier Radot

    Best Cinematography : Philippe Rousselot

    Best Editing : François Gédigier, Hélène Viard

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Patrice Chéreau, Danièle Thompson

    Best Original Music : Goran Bregovic

    Best Director : Patrice Chéreau

    Best Supporting Actress : Dominique Blanc

    Best Supporting Actress : Virna Lisi

    Best Supporting Actor : Jean-Hugues Anglade

    Best Film

    Best Actress : Isabelle Adjani

    Cannes International Film Festival - 1994

    Cannes International Film Festival (フランス, 1994)

    Selection

    Official Competition

    受賞 (2)

    セザール賞(フランス映画) - 1995

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1995)

    賞 (5)

    César Award for Best Actress : Isabelle Adjani

    César Award for Best Supporting Actor : Jean-Hugues Anglade

    César Award for Best Supporting Actress : Virna Lisi

    César Award for Best Costume Design : Moidele Bickel

    César Award for Best Cinematography : Philippe Rousselot

    Cannes International Film Festival - 1994

    Cannes International Film Festival (フランス, 1994)

    賞 (2)

    Award for Best actress : Virna Lisi

    審査員賞

    代表団