このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
女と男の危機

女と男の危機

A 長編映画 by Coline Serreau

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 02/12/1992

    あらすじ

    ヴィクトル(ヴァンサン・ランドン)は妻と二人の子供に囲まれ、幸福な家庭生活を送っている敏腕な企業弁護士。あ る朝、目覚めた彼を待っていたのは、妻マリー(カトリーヌ・ヴィルクニング)の突然の家出だった。「彼と一緒に行くわ」、彼女はそう言って電話を切った。 妻が駆け落ち? 混乱の中で事務所に出社してみると、突然の解雇通知。なぜだ? 怒り、いらだつヴィクトルは友人たちを訪ねて自分の窮地を訴え、慰めを得 ようとするが、誰もが彼以上に深刻な危機感にさいなまれていた。彼はやけ酒を飲んだ酒場で、さえない感じの中年男ミシュー(パトリック・ティムシット)と 知り合い、意気投合する。一方、上司のローラン(ジル・プリヴァ)とフランソワーズ(イザベル・プティジャック)の夫妻も離婚の危機に見舞われていた。フ ランソワーズは誠実なミシューと急接近する。ミシューを連れて故郷に帰ったヴィクトルを待ち受けていたのは、母(マリア・パコーム)が父(イヴ・ロベー ル)と別れて家を出るという意外な事実だった。ミシューや妹とこの地方の代議士を訪ねたヴィクトルは、彼との対話の中で環境問題や労働問題について大きな 疑問を感じる。ヴィクトルとミシューは新しい法律事務所を始めたことになった。離婚したフランソワーズはミシューと恋人同士の関係になるが、ヴィクトルの 心の虚しさを埋めるものはまだなかった。彼は、自分の都合でしか妻を理解していなかったことに気づいて愕然とした。失ったものは大きい。その時、妻のマ リーが現れた。駆け落ちは狂言だった。妻からも信頼されていなかったのだ。ヴィクトルはもう一度始めからやりなおすつもりだった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (36)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Les Films Alain Sarde

    Foreign production companies :

    Leader cinematografica, Rai2 - Radio Televisione Italiana

    フランス国内配給 :

    Pathé Distribution

    Co-productions :

    TF1 Films Production, Eniloc

    Film exports/foreign sales :

    STUDIOCANAL

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (14)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    製作代表 :

    Alain Sarde

    Screenwriter :

    Coline Serreau

    Sound recordists :

    Dominique Dalmasso, Guillaume Sciama

    撮影技師アシスタント :

    Christophe Beaucarne, Christophe Legal

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall, Myriam Bruguière

    Sound editors :

    Sophie Durand, Boris Viard

    装飾 :

    Guy-Claude François

    建設部門マネージャー :

    François Decaux

    Costume designer :

    Karen Muller Serreau

    Assistant director :

    Élisabeth Parnière

    フォトディレクター :

    Robert Alazraki

    Sound assistants :

    Olivier Burgaud, Sophie Chiabaut

    撮影技師 :

    Bruno Privat

    Editor :

    Catherine Renault

    スクリプト :

    Catherine Prevert

    作曲家 :

    Sonia Wieder-Atherton

    色彩 :

    Patrick Delamotte

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Dalmasso

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    02/12/1992

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    78.669

    ビザ発行日 :

    17/11/1992

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビー

    Posters (1)

    Director

    映画祭でのセレクション

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    Selection (7)

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Coline Serreau

    Best Supporting Actress : Maria Pacôme

    Best Supporting Actress : Zabou Breitman

    Best Supporting Actress : Michèle Laroque

    Best Supporting Actor : Patrick Timsit

    Best Actor : Vincent Lindon

    Best Film

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    César Award for Best Original or Adapted Screenplay : Coline Serreau